タグ:ボーカル ( 32 ) タグの人気記事

Buzz Osborne (Melvins)

Melvinsは日本ではあまり知られていないバンドですけど
本国アメリカではグランジ/メタルの大御所です。
Nirvanaのカート・コベインの音楽を始めるきっかけとなるくらい
大きな影響を与えたバンドですね。
そんなMelvinsのギター/ボーカルが
こちらの「KING BUZZO」ことBuzz Osbourneさんです。


c0214078_21182564.jpg

2010.01.03製作。縦50mm×横45mm。

c0214078_2139509.jpg

アハ、アハハハハ!  …はぁ。


サイババじゃないの。バッゾなの。
でっかい頭です。頭っていうかヘアスタイルが。
この頭をいつもの縦50mm×横45mmの基準サイズで表現出来るかなと思ったら
まぁ、結構すんなり出来ました。
特大サイズで、なんてのも考えたんですけど
サイズは揃ってる方が気持ちいいんでこうなりました。

ごらんの通りすごい頭なので
彫るのに1時間かかりました。頭だけで。
いやー楽しかったです。
顔面は次の日に持ち越してやりました(笑)。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
[PR]

by guntap | 2016-08-04 23:54 | Comments(0)

Robert Plant (Led Zeppelin)

こんばんはGUNTAPです。

本日は久々、洋楽の歌い手さんです。
前にこのバンドのドラムの人彫りましたけど。



c0214078_21125481.jpg

2012.06.21製作。縦50mm×横45mm。


Led Zeppelinさんのフロントマン、ロバート・プラントさんです。
筆者の好きなボーカルの方々は大体
この人の影響が大きい人ばかりですね。
ファルセット使わないで地声でバーって歌う
あ、語るのはもうこのへんにしとこう。


c0214078_21174661.jpg

印面です。

ブロンドでグリングリンの髪の毛は
トレースの時が一番肝心ですね。
あんまりグチャグチャ描くと真っ黒くなるだけだし
逆にスカスカ過ぎてもなんだかよくわ
ん、もういいや。



c0214078_21472419.jpg

ちなみにこれが下絵です。
こっから必要であろう線をトレースの時に
一本一本選りすぐっていきました。
口の部分がなかなか決まらず何回も直したため
紙が破れそうになりました。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑なざしたー
[PR]

by guntap | 2012-06-22 21:36 | 消しゴム版画-洋楽 | Comments(2)

尾崎紀世彦

こんばんはGUNTAPです。

アニマル・ツナガローゼズの途中ですがここで残念なお知らせです。
また偉大な歌い手の方が亡くなられましたね。
こないだ失踪騒動があったのも束の間でした。

追悼の意を消しゴムに込めましたっ…


c0214078_22292713.jpg

2012.06.01製作。縦50mm×横45mm。
※白黒テープは哀悼の意を表しております

あの有名な歌しか筆者は知りませんでしたが
YOUTUBEで検索するとホントどれもいい歌ばかり。
歌、っていうか彼の伸びやかな声が。
これを機に皆さんも是非、尾崎さんの素晴らしさを
改めて実感されてはいかがでしょうか。

c0214078_22322710.jpg



ご冥福をお祈りいたします。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑合掌
[PR]

by guntap | 2012-06-01 22:35 | 消しゴム版画-邦楽 | Comments(0)

Otis Redding

こんばんはGUNTAPです。
今回は久しぶりのリクエスト。

先日営業で伺った仏師、「エーウンセンセー」。
多趣味であり、男気ムンムンの熱いお方でしたが
なんと消しゴムはんこ師の史緒さんのご親戚だということで
彫刻刀の話もそこそこに消し版話で盛り上がりました。
その流れで、消し版製作のリクエストを承ったわけです。

ブルース好きのセンセーが愛してやまない名盤中の名盤
オーティス・レディング氏の"the dock of the bay"のジャケ写より。


c0214078_23464756.jpg

2011.09.05製作。縦50mm×横74mm。

今回この消し版で使った刃物は
道刃物社製版画刀三角五厘一本のみ。
持ち替え一切なし!


c0214078_234786.jpg

nacoさんみてーに印面きれいになりません。
(諸事情により使用消しゴムははんけしくんさん。)

先日行われたminiスタンプカーニバルでお会いした
はんけしくんさんインストラクターの江連判子店さん
なんと三角刀一本で何でも彫ってしまう方で
「彫刻刀屋として負けてらんねーや!」という
変なプライドでチャレンジしてみました。

白抜き少なかったから楽しかった。
出来たよ江連さん!


エーウンセンセーのご感想が気になるところではありますが…
今度伺う時、持っていきますねセンセー。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑さんかちゅ。
[PR]

by guntap | 2011-09-06 00:00 | 消しゴム版画-洋楽 | Comments(0)

Lady Gaga (ほりすすみ製法)

先日、教材会社美術出版さん主催のサマーアートキャンプという
図工美術の先生方の教材研究会に参加して来ました。
そこで「ほりすすみはんが」という存在を知りまして
それが、大変面白い題材でした。

見てたら、「これ消し版でも出来んじゃね?」と思い立ち
実際、試験的にやってみました。


c0214078_19241382.jpg

2011.07.24製作。縦50㎜×横45㎜。

試験的な作品なので正直荒っぽいですね。
でも、ほりすすみ技法の場合この方が絵になると思います。

どうやって作るのか?
多少荒っぽくですが順を追って説明しましょう。


①下絵
下絵から荒っぽくていいです。
要するに似顔絵の場合そんなに似なくてもいいです。
捺しで多少誤魔化せるので(笑)。
c0214078_19311693.jpg

うん。
ガガっちゅうより野際陽子ですね(笑)。
そして使いたい色の鉛筆で色を塗ります。
それをそのままトレぺに写し、消しゴムに転写。
色鉛筆は鉛筆よりはっきりはしませんでしたがいちお、転写可能でした。

c0214078_19335037.jpg

そしたらまず、色鉛筆が塗ってないところを彫ります。
使用のラビーゴムは元から表面が青いので水色は見づらかったですが
ま、キッチリじゃなくテキトーでいいんで。
ほりすすみはんがはテキトーさがポイントなので
目とかの細かいとこ以外は三角刀か丸刀で感覚的に彫っていきます。

色のないところを彫り終えたらなんとこの段階で
一発目捺してしまいます。
使用した中で一番弱い色である青で捺します。
c0214078_1940317.jpg

で、次は青鉛筆の部分を彫っていき
彫り終えたらさっきの上から、今度は緑で重ね捺しします。

c0214078_19485718.jpg

そう、要するに彫りながら多色摺りをしていくっていう
なかなか斬新な作り方なのです。

最後に緑色の部分を彫り、とは言っても
インクべたべたでもー何が何だかなので
下絵かトレペを参照に彫っていきましょう。
ねりけしでインクをとっちゃうとせっかくの鉛筆の線まで消えるので
多少手は汚れますがそのまま彫りましょう。
最後に残した線を、黒系で捺し完成です。

c0214078_19503158.jpg


テキトーすぎてトレードマークのほっぺのほくろが吹っ飛んでいますが
誰も気にしない

c0214078_1956119.jpg

残った原版はこんな感じなので塗り絵としては使えるかもですが
もう多色摺りの再現は不可能です。
ほりすすみはんこの場合はあくまで捺したものが作品となりますね。
しっかし、似てねぇ~(笑)。

ほりすすみ、なかなか新鮮で、野性的な感じで楽しかったです。
今度は人じゃないのでやってみよう。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑あじゃじゃあじゃしたー。
[PR]

by guntap | 2011-07-24 20:07 | 消しゴム版画-洋楽 | Comments(8)

Ken South Rock!!!!!

去る5月5日のこどもの日。
下北沢にあるライブバー440に筆者はいました。
「下北沢フォークソング部 ~長丁場の巻き~」
を見に行ったんですよね。
たくさんの部員の方(って言っても皆さんプロの腕前)が
フォークソングのカバーやオリジナル曲を
7時間にも渡って披露するという
大変充実した内容でした。

筆者の大きな目的は
去年の夏、山形で出会ったKen South Rock!!!!!さんに再会すること。
(初コンタクトに関してはコチラをチェケラ)
Kenさんとは去年のスタカニ初日の夜に再会し
440にて筆者の今後の話を熱く語らせて頂いたのでした。
(その翌日、転職先である道刃物工業を知ることになるのですが…(笑))

詳しい話は後述しましょう。

で、このイベントに持って行こうと
Kenさんのはんこを彫ったのです。


c0214078_00272.jpg

2011.05.04製作。縦50mm×横45mm。
半年ほど前のKenさんを。
今はヒゲもなく似てなさがハンパなし(笑)。
でもご本人から「キレイに彫るねぇぇ」とお褒め頂いたので
ザッツ・オール!w

c0214078_1534969.jpg

部員さんの物販コーナーにもさりげなく(?)設置w


Kenさんのステージは、1971年フォークジャンボリーでの
吉田拓郎氏「人間なんて」のMC入り(笑)完全再現ライブ!
歌詞は若干Kenさんの半生を振り返るもので
実に興味深い内容でした。

c0214078_205698.jpg

初めは静かに始まったステージも
Kenさんが歌えば…

c0214078_252596.jpg

こうなり…

c0214078_213988.jpg

こうなり…

c0214078_215716.jpg

こうなって!
オーディエンスも人間なんてを大合唱!!w
(筆者もあご外れそうになりながらも歌った)

c0214078_221598.jpg

…しまいにはこう。
おつかれさまでした(笑)。

8月ぶりにKenさんの歌を聴きましたが
山形で受けたあの衝撃を一発で思い出しましたねー。
やっぱKenさんはKenさん。何にも変わっちゃいない、いや
よりパワフルにソウルフルになっておられました。
日本全国渡り歩いたりアメリカ行ってガチンコでライブしたり
行動力がハンパじゃねーもんなー…。
ホント尊敬します。

Kenさんはまたアメリカに渡るそうですが
どうかご無事で、そして思う存分
ぶっ弾きぶっ叫んで来て頂きたいと思います!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑浮き沈みハゲシスw


あ、去年の10月のちょっとしたお話。
興味ある方はどぞ。


440での夜
[PR]

by guntap | 2011-05-15 03:00 | 消しゴム版画-邦楽 | Comments(2)

Dave Grohl (Foo Fighters)



こんばんはGUNTAPです。
やっぱいいなーeverlongは。
そんなこんなでデイヴ兄ィの消し版です。


c0214078_21203485.jpg

2011.02.25製作。縦50mm×横45mm。


作ったのだいぶ前ですね。アップが遅れ遅れに(汗)。
以前も兄貴の消し版は作ったんですが
正直下絵の段階で不細工で
でも直す気力がなくなし崩し的に(←使い方間違い)
消し版にまで至ってしまったのでした。

今回のは我ながらリベンジ出来たんではないかと。

すいません新作はまだ未聴です。
日本版出てからでいいかなぁ。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑ありがとうございましたー
[PR]

by guntap | 2011-04-15 21:28 | 消しゴム版画-洋楽 | Comments(2)

Layne Staley (Alice In Chains)



こんにちは。GUNTAPです。

アリスインチェインズ(以下AIC)再結成から聴き出した俄かAICファンの筆者。
聴き始め当初、旧来AICファンの間では
「オリジナルメンバーじゃないのにAICだなんてありえない」とか
「レイン以外は認めない」と言った声がありまして
「そうかなぁ。ウィルデュバさんだってカッコイイじゃん。歌うまいじゃん」とか思って
正直、なんかそういった懐古主義的な感じに顔をしかめてたんです。

でも、ここ半年くらい旧AICを爆聴して来まして
筆者のその考えにも変化がありました。


「やっぱレインやっべー(鼻血)」



c0214078_15401156.jpg

2010.09.05製作。縦50mm×横45mm。


旧AICのヴォーカルだったレイン・ステイリー(白目ヴォーカルの元祖w)。
かなりの麻薬中毒者であり、2002年にそれが原因で
天国(地獄か)にぶっ飛んでってしまいました。


ガラガラ声ながら、ライブでも安定感のある高い歌唱力。
独特のコブシの入れ方、いつも舌がRの時っぽい発音。
そんな彼の声自体が麻薬的に中毒性の高いもので(麻薬したことないからわからんけど)
筆者の脳内CDプレイヤーに激しくAICを再生させてくれます。

(文法変だけどご了承下さい)

使い古された言葉で恐縮ですが「唯一無二」。
旧来のファンがおっしゃる「彼の代わりなどいない」というのは本当だなと。
ウィルデュバさんを否定する訳ではなく、
あらためてレインの偉大さを再確認した、ということです。
(新生AICはそれはそれで素敵だもの)


カラオケでAICを熱唱すると、間違いなく引かれます。
ちゃんと相手を選んで歌いましょうね(笑)。

*******************

先日のスタカニで全国各地に飛び出していった、我がブログのマスコットピヨタプくん
連日みなさんのブログに「わたしも彫りましたー」とアップされております。
スタカニ前日、なぜか急に思い立ってしこたま転写して持ってったんですが
まさかこんなことに発展するとは。筆者が一番ビックリしてるんです!(笑)

で、折角なんでみなさんの記事にアップされてるピヨタプ画像をお借りさせて頂き、
「ピヨタプコレクション2010」としてまとめようかなと思っております。
そう、お察しの通り、他力本願企画じゃー!
(なんか文句あっかー!転写も大変だったんじゃぞー!(笑))

漏れがあるのも寂しいので、消しゴムを持ってって「ピヨタプ彫ったどー」という方は
既にアップされた方も、お手数ですがコメ欄にでもご一報下さい。
(トラコミュ立ち上げようとしたけど、なんだか気が引けた)

あ、あれですよみなさん、別に面白くアレンジしなきゃだめってことはないですからね。
↑これも、ダチョウ上島の「お前ら押すなよ!」的逆説じゃないですよ!(笑)
彫り師のみなさんそれぞれの線の違いを見てみたい、というのが目的ですから。
集まり次第、まとめて記事にさせて頂きたいと思います。

みなさん可愛く彫ってやー。


***
ちなみに、今まで確認させて頂いたピヨタプくん彫り師のみなさんはとりあえず

さすらいびとさん
希@さん
にゃいとうさん
akoさん
Redbugさん(ネタ)
mayuさん
テラピィさん

以上ですかね。
「俺はー!?」という方はコメ下さい、すみませーん(汗)。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑訪問者の方々の数が格段に増えました。
うえーん、スタカニマジでありがとー!
[PR]

by guntap | 2010-10-17 16:15 | 消しゴム版画-洋楽 | Comments(8)

Chris Cornell (Soundgarden)

どーも、夏休み中のGUNTAPです。
ボロボロのカラダを癒す絶好の休みですね。
とかいいつつほぼ毎日腹の調子は悪い(泣)。


さて、前回のコメント欄にて仙台の消し版師よこしまさんより
「余白部分は切り落とさないんですか?」
とのご質問を頂きました。

コメント返しでもお答えしたんですけど答えは"YEZ."
理由は2つ考えられます。

① 四角い方が紙に垂直に捺し易いため。
② 消し版自体の変形防止。

まー以上なんですが、それぞれもうちょっと解説しましょう。

まず①です。
図案にもよりますが周りを取って丸っこくしたりすると
捺す時上下がわけわかんなくなってしまいます。
捺す時印面見て確認はしますが、捺したあと「あれ?」ってなりがちです。


c0214078_4996.jpg

↑このよーに、消し版の向かって右端面をポスカの端面に平行になるように捺せば


c0214078_492618.jpg

パッと離しても、キレイに真っ直ぐ。

気をつけなければならないのは転写(または消しゴム裁断)の時に
図案が消しゴムに対して垂直でなければなりません。当ったり前ですが(笑)。
その時点でズレてると折角真っ直ぐに捺してもねぇ。
でもこーゆーことよくあるんですよね、困ったもんです(汗)。

ただ、ですね。

テラピィさんのとこのように
図案ギリギリのとこまで余白を徹底的にカットすれば
四角くなくてもズレは少ないでしょうね。
テラピィさんの消し版は「消し版自体が自立する」という独自の特徴があるので
余白落としは欠かせない作業と言えます。


次は②。
これはウチの場合だとギターはんこなどに言えることです。
つまり「長モノ系」ですね。
これに余白がないと、写真のようになるんです。

c0214078_4261357.jpg

まーこれはわかりやすいように無理やりグゥ曲げてますが(笑)。
手違いでグゥ曲がったまま捺してしまったことがあり
必要以上に細く作ったから、という原因に気づきました。
ギターの場合だとネックが順反りでも逆反りでもなく
横反り!しちゃう危険性があるわけです
(演奏には問題ありません←演奏出来ません)。


さすがに色版はバッチリ余白をカットしますが
ウチ的には色版以外は余白あったままでいいかなーと思ってます。
時間かかるし、ゴミ増えるだけだし。


以上、やっぱり個人的な意見ですので皆さんの思うがままに
消し版ライフをお楽しみ下さいませー。



************************************

ここからは今日の本題。
以前もご紹介しましたクリス・コーネル、略してクリコーの兄貴です。
今回のは旧作品です。


c0214078_524460.jpg

2008.04.26製作。縦50mm×横45mm。

c0214078_531098.jpg

古いモンなんで満身創痍です。というか作り方が甘かっただけですね(汗)。


サウンドガーデン解散後のソロあたりのクリコーの兄貴かと。
ダラーンとしてウエッティな、やっぱヤラシイ髪型です。
今じゃ当たり前ですが、当時(2008年)のウチとしては
頭髪の描写はなかなかアバンギャルドでしたねー(笑)。
ツヤとか髪の流れとかの表現は、実験的な作品でした。

前回のクリコー兄貴の時はサウンドガーデン未聴のフトドキモノな筆者でしたが
エンディさんキッカケでバッチリ聴きました。
思ったよりゴリゴリと重く、変則拍子もなんのそので
やー、なんで今まで聴いてなかったのっていうバンドでした。慙愧!

そんなサウンドガーデンが、再結成して今バリバリ活動しています!
詳しいことはどーぞエンディさんとこの記事で(他力本願(汗))。
リンク先の動画、見ましたけどカッコイイっすねー。
やっぱクリコーの兄貴はサウンドガーデンにいるのが一番いいと思う。
オーディオスレイヴのクリスも悪くはないですが(筆者はここから入ったので)
でもサウンドガーデンにいるクリスの方がいいですわ。

演奏部隊も安定感あって、安心して見れます。
ドラムがパールジャムの方?カッコイイー。

こーりゃ、ね、新譜でしょう。
AICも出したんだしぃ。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑ブログランキングのポチ(クリック音)です。
[PR]

by guntap | 2010-08-13 05:29 | 消しゴム版画-洋楽 | Comments(6)

Corey Taylor (Slipknot)

こんばんは。GUNTAP a.k.a. あんこく消し版師です。

先日アップしたスリップノットのポール・グレイさんの死因がハッキリしたそうですね。
どうやら心臓病と痛み止めの摂り過ぎによるダブルパンチ。
決してヤクでハイになってたって訳じゃないようです。

さぞかし苦しかったんだろうな…。
改めてご冥福をお祈り致します。


てことで今日はスリップノットシリーズ。
フロントマンのコリィ・テイラーさんでございます。



c0214078_0522283.jpg

2010.06.08製作。縦50mm×横45mm。

以前にリングで作ったことありますけど、
改めて見てもやっぱグッドデザインだわ。
まー前のマスクからはガラッと変わったので
初め見た時違和感を覚えた人は数知れないでしょうね(笑)。

コリィさんの声はええ声ですねぇ。
前回のロックネタ、ナバロ兄ィの時にも触れましたCamp Freddyでも
抜群の存在感と力強い歌声で参加されてました。

しかしソロ(Stone Sour)はちょっと爽やか過ぎますねぃ。
「ええ声」の部分を存分に活かしてるのはいい事かも知れませんが
スリップノットのフロントマンとしての存在の方が、筆者は好きですね(個人的感想)。

あーこれからどーするんでしょうか。気になります。
頑張れあんこく面たち!

………………………………………………………………………………………………………………

前回のコメント欄でチラッと言いましたプレゼント企画。
次のタイミングは…

ブログ訪問者1万人達成記念

と致します。

去年の10月頭からブログを始めまして
現在までの訪問者数は、約5800人!
単純計算であと半年くらいと思いきや
始まった当初はほとんど一桁の連続でしたから…
この調子で行ければえーっと、初秋くらいですかね。

ということで引き続き、ストーキングお願い致します(笑)。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑ランキング参加中です。
[PR]

by guntap | 2010-06-23 01:19 | 消しゴム版画-洋楽 | Comments(4)