「ほっ」と。キャンペーン

Byran Beller

こんばんはキカイです。

前回に続きThe Aristocratsはんこ第二弾。
今日はベーシストの巻。

c0214078_23115686.jpg

2016.05.16製作。縦55mm×横50mm。

超絶技巧でありながら、イヤらしさを感じさせない。
流れるようなベースラインを奏でる頼もしいベーシスト。
ドラムのマルコ・マイネマン氏と共に
ジョー・サトリアーニのバックも務めたりしてますね。

ライブではMCもこなすブライアン・ベラー氏。
場の盛り上げ役としても重要な役割を果たしています。

c0214078_2312115.jpg

印ネマン

じゃ、動画どうぞ。
2ndアルバムからの一曲です。


[PR]

by guntap | 2016-05-18 23:25 | 消しゴム版画-洋楽 | Comments(0)

Chris Chaney (Jane's Addiction/The Panic Channel)

前回のQRコードはんこなんですが
「すごい」というお声を多数頂き大変嬉しかったです。
ありがとうございました。
やっぱ目の前で読み取りが証明されたら
否が応でも「おわっ!」ってなりますよね。

まー筆者は出来てないですけど(ケータイが古い)。


ということで、消し版ブロガーの方はみなさん作りましょう!
(「敵全体」にムチャ振りしたった)

*********************************

今日はですね、イケハンですよ。
お察しの通り「イケメンハンコ」の略です。


この人だ。


c0214078_72423100.jpg

2010.08.16製作。縦50mm×横45mm。
ほんとはもっと目つき悪い人ですが、優しくなったな。
デイヴさんの時と逆ですね(笑)。


お察しの通り(?)、クリス・チェイニーさんです。
つってもリヴィング・エンドのフロントマンじゃなくて
ジェーンズ・アディクション、並びにザ・パニックチャンネルのベーシストです。
(リヴィング・エンドの方はCheney、チェニーですかね)

彼の音を聴く前、ほんと見た目からのイメージでは
クセもソツもないベーシストなのかなーと思ってましたがとんでもない!
粘り、うねり、コシ、クセのあるド変態テクニシャンじゃーあーりませんか。
こういうベーシストの頭ン中ってどーなってんだろー。
何気なく聴いてても気にならないベースラインなのに
注意して聴いてみると「は?」の連続だったりします。
かなりのセンスがないとあんなベースラインは生み出せない。

こんなベースライン(右端のハットのイケメン)。


ハァ、みんなうめーなー。

彼のジェーンズ・アディクションでの参加アルバム「Strays」も聴きましたが
パニックチャンネルよりも変態クセがありましたね。
演奏がカッコイイので聴き応え充分でした。

また彼はスラッシュのソロアルバムで、
ジョシュ・フリーズと共にほとんどの曲を演奏されてます。
トップギタリストにも信頼されてるベーシストなんですね。
現在はフーファイターズのドラムの人と組んで活動してるらしいです。


このバンドのシリーズ、次回ボーカルはどっちかなー。
それによって先にコンプリートするバンドが変わります。
オーディオスレイヴRATMのパターンだ(笑)。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑ブログランキン参加中。
[PR]

by guntap | 2010-08-24 07:53 | 消しゴム版画-洋楽 | Comments(4)

Mike Inez (Alice In Chains)

こんばんは。最近本業が忙しいGUNTAPです。
技能検定の指導、新しい仕事の勉強、相方の体調不良と
重なる時は重なって、イヤとはいえない状態で。
今週末は休みがなく、13連勤になりそうです。

ま、お金が稼げるってのはこういうことでしょうから
泣き言言わず頑張ります。
とりあえず技検の6/20までが踏ん張り時ですな。

って今週遅番(22:00まで仕事)だったのに
明日その新しい仕事の勉強のため8:00出勤て。
寝るの毎日4:00だったつの。
寝れんのかっつの。

ってほらすぐ泣き言。
頑張るっつの。



そんなこんなですが今日は、筆者まだまだブーム真っ最中の
アリスインチェインズ(以下AIC)シリーズですよ。
今回はこの方です。


c0214078_23571884.jpg

2010.05.24製作。縦50mm×横45mm。

めっちゃええ笑顔のマイク・アイ…

アイネ…、イネ、イ…、イネツ


違います。マイク・アイネスさんです。

AICでは二代目ベーシストですね
(前のはヤクチュウでコレモン(両手をグーにして手首を付ける))。
AICの他にもおとうさんスラッシュズ・スネイクピットなどでも活動されてました。
プレイスタイルは至って堅実で安心感がありますね。
笑顔がいいのもそうですがMTVのアンプラグド・ライブでは
メタリカの「エンターサンドマン」のイントロをアドリブで弾くなど
かなり茶目っ気たっぷりの眉毛ボン御仁でらっしゃいます。
彼の笑顔が見たくばAICのライブでの「No Excuses」という曲で見られます。
幸せになれる笑顔なんで、是非ご覧あれ。


………………………………………………………………………………………………………………………

11ミリクラブ。

先輩部員方の作品を拝見すると
ウチのにはないことが、基本のようにあるのに気づきました。
それは「実用性」。
例えば「たいへんよくできました」的な。
ウチのには基本実用性ってのがないので普段は考えないのですが
今回はそこら辺を意識して作ってみました。


c0214078_043826.jpg

2010.06.04製作。縦11mm×横11mm。

c0214078_0433221.jpg

はい、規定内(笑)。


どうですか、この実用性。
皆無でしょう(笑)。

こんなはんこを捺された児童は心に傷を負うでしょうし
こんなのを購入してる時点でその先生はなんだか怖い!
上二行でも充分なのに(11ミリクラブの規定的にも)、
三行目が追い討ちです。悪意満ち満ちてます(笑)。


てか11ミリクラブって、
「こんな11mm四方のはんこはイヤだ。
どんなことが書いてある?」
っていうお題の大喜利なんでしょ?(違)



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑あーの、ランキングに反映します。
押して頂いたら。
[PR]

by guntap | 2010-06-05 00:45 | 消しゴム版画-洋楽 | Comments(2)

Paul Gray (Slipknot)

最近ミュージシャンの訃報が後を絶たないですね…。
否が応にも気分が凹んでしまいます。
ということで今日は追悼版画です。

スリップノットのベーシスト、ポール・グレイさん。
ホント急の訃報でビックリしました。
筆者はスリップノットの大ファンではありませんが
そのあまりの若さ(1972年生)に唖然としました。
「遺体で発見」ていうのもなんだか気分の悪い書き方です…。

メンバーの記者会見を拝見し、
版画製作を決めました。



c0214078_21382930.jpg

2010.05.28製作。縦50mm×横45mm。


完成してポンと捺して見た時
ちょっと泣きそうになりました。


ご冥福をお祈り致します。
合掌



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
[PR]

by guntap | 2010-05-28 21:45 | 消しゴム版画-洋楽 | Comments(0)

Duff Mckagan (Jane's Addiction)

あうー。

今日は休日なのに会社に行ってきました。
今年、NCフライスの技能検定を受ける後輩に
一級技能士である筆者が理屈を教えるためです(エッヘン!)。
一日分の休日出勤手当ての付く、いわばバイトですね(ヮーィ)。

いやーしかし、人に教えるのも疲れますね。
理解してもらわないと喋ったことが無駄になるので
理解してもらうように工夫して喋らないといけない。
無駄になるのも工夫するのも疲れます。
でも後輩くんはなかなか物分りのいいヤツだったので助かりました。
(つまり今日の疲れは工夫喋り疲れ)


さて、前置き文の行数も稼いだので本題です(笑)。

さっそく見て下さいな!



c0214078_22252018.jpg

2010.05.23製作。縦50mm×横45mm。


ジェーンズ・アディクションのマイケル・アンドリュー・ダフ・マッケイガンさんですね。



…えっ、ジェーンズ・アディクションの!?



ダフの兄貴、なんかどーやら今年から
ジェーンズの正式メンバーになられたそうです。
あっちの人はみんな、仲いいからなぁ。


ダフの兄貴と言えばやっぱり
ニューロティック・アウトサイダーズ(以下NO)ですよねぇ(違)。
筆者は高校に入りたての頃、ウチの愚兄が
当時のTSUTAYAだかの広告の洋楽新譜コーナーを見て
「これなんかヤバそうだ」と言っていたのが前述のNOでした。
セックスピストルズのスティーブ・ジョーンズと
ガンズアンドローゼズのダフとマット・ソーラム、
デュランデュランのジョン・テイラーが組んだバンドってことで。

で早速ウチの兄が購入し聴かせてもらったんですけど
なんかダラダラした、ほんですっごい下品な歌詞で
おっさんの貫禄ロックな感じで
大変気に入ったんですよねー(気に入ったんかい)。
特にダフ兄貴の醸し出す雰囲気ががカッコよくてですねー。
独特なハスキー声と発音、男臭いメロディ、乾いたギターリフ。
「憧れのオトナの男」って感じで、グッと来たんですよね。

思えばNOが、筆者にとっての洋楽への架け橋になったんですよ。
Sくんにも教えて、二人で爆聴してましたっけなぁ(セガサターンで)。


そっかー、ジェーンズかー。
ろくに聴いてないので聴き返してみよう。
だーっ、「聴かなきゃ」な音楽が山積みだー(幸せ)。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑お笑い消し版ファンのみなさんも、どーかワンポチ願います(笑)。
[PR]

by guntap | 2010-05-23 23:01 | 消しゴム版画-洋楽 | Comments(0)

Les Claypool (Primus)

c0214078_257221.jpg

2008.01.01製作。縦50mm×横45mm。


前回の続き


あれから時は経て2006年。
筆者はその間にたくさんの洋楽を聴いた。
自分の好きなバンドからリンクしどんどん幅を広げる。
しかし、名前はチラホラ聞くが実際には手を出さないバンドも多々あった。
その中に、「Primus」というバンドがあった。

A Perfect Circleの初代ドラムはPrimusの人だ、とか
King Crimsonのエイドリアン先生とToolのダニー親分とPrimusのベースが共演したとか。
これはやはり、聴かずにはいられない。
ということでYOUTUBEにていろいろ見てみることにしたのだった。
手始めに、「lacquer head」という曲のPVを鑑賞。

ほうほう、馬鹿テクベーシストで今まで聴いたことないテイストの音。
でもって映像もノンストモーションのクレイアニメで見応えあり。
なかなか面白い、深そうなバンドだな。

などと思っていた矢先、2:42あたりで筆者は唖然とした。
10数年前に見たあのトラウマ映像が、そこに映り込んでいたのである。

一瞬だったので見間違いかと思い何度も見返したが、間違いない。
あの格好。あのノリ。一瞬の映り込みでも充分確信出来る。
そして関連動画に目をやると、やはりバッチリあの映像があるではないか。
もはや言うまでもなく、謎の三人組の正体はPrimusだったのだ!
テーデッテデー♪(ねるねるねるねのあの音)


10数年ぶりに奇跡の再開をした気分であった。
ぽっかり空いていた穴が、やっとピタッと埋まったような気がした。
 

次回、Primus完結です。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
[PR]

by guntap | 2010-02-15 03:38 | 消しゴム版画-洋楽 | Comments(0)

Tim Commerford (Rage Against the Machine)

ども。GUNTAPです。「ガンタップ」と読みます。
鉄にネジを切るための工具の名であり、響きがよくて使ってます。

今日はこれから、例の技能検定機械系保全1級の実技試験です。
昨日はずっと消し版彫ってました。
今はガキのDVDを見ながらこれをアップしています。

勉強せいよ。おい。


今日はRage Against the Machine(以下RATM)シリーズでーす。
ベースのティミー・Cさんです。


c0214078_9231033.jpg

2008.03.30製作。縦50mm×横45mm。
肩の模様はT-shじゃなくtatooなのな。


1968年生まれ。
前回のRATMシリーズのブラッドと同年生です(学年ではティミーが一個上)。
トム先輩(1964年生)を支える後輩の二人、という構図ですね(笑)。
ホントこの後輩二人の相性いいもんなぁ。
この二人、前述のメイナードと「Puscifer」で共演してますね。
でも聴いたけどあんまり二人らしさは感じられなかったなぁ。
メイナード先輩(トム先輩とタメ)に「あんま前に出んな」とか釘刺されたのか?
ブラッドの映画にカメオ出演でメイナード先輩出演させられるし。
メイナード先輩のでしゃばり。

このように、年生調べるといろいろ見えてきますね(ほぼ妄想(笑))。
関係ないけど国内外関係なく、60年代生まれに尊敬する人が多いですね。
不思議だ。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑やっぱこっちのがいいみたい(笑)。
 お願いします。
[PR]

by guntap | 2010-01-17 09:56 | 消しゴム版画-洋楽 | Comments(0)

Justin Chancellor (Tool)

こんばんは。TOOLファンのGUNTAPです。
本日の版画はTOOLのベーシスト、Justin Chancellor氏です。


c0214078_2158569.jpg

2009.10.11製作。縦50mm×横45mm。



どこの宣教師だよ、って感じもしますが(笑)。

Justin氏の写真探しは大変でした。
他のメンバーはそこそこあるんですが
彼だけ画像も動画も少いんですよね。
彼だけオリジナルメンバーじゃなく
二代目ベーシストだからってのもあるかもしれませんね。

筆者は初代のPaul D'Amour氏よりJustin氏のが好きですね。
音の作り方も弾き方も、男らしいジョリジョリしたベース。
彼のベースを聴いているとベースが弾きたくなってきます。
創作意欲の刺激される音です。


…ベース欲しいなぁ。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑お願いしゃす!
[PR]

by guntap | 2009-12-14 22:16 | 消しゴム版画-洋楽 | Comments(0)

EBI (ユニコーン祭④)

今回で4回目になりましたユニコーン祭り。大詰めです。
今日はベースのEBIさんです。

c0214078_21344022.jpg

2009.09.12製作。縦50mm×横45mm。


「すばらしい日々」演奏中の高揚しておられるEBI様。

再結成後一番弾けているのがこのEBIさんではないでしょうか。
ニューアルバムでリードボーカルとってる曲多いし。
ちなみにシャンブルの中で筆者が一番好きな曲は「ボルボレロ」です。
これのガットギターのパートが弾きたくてギター買っちゃったくらいです。

話は少し逸れますが
筆者、Orvilleのエレガット(チェットアトキンスモデル)を中古で買ったんですけど
ライブDVDで阿部さんがGibsonのそれを使ってらしたので嬉しくなっちゃいました。
初回限定のアルバムに付属のDVDでは民生さんがフルアコのガットギターを使い
そのパートを弾いていたので、まさかライブでは
奏者もギターも違うとは思いもしませんでした(ベースも民生さんだし)。
ユニコーンの柔軟さが如実に表れています。

EBIさんはいつまでも若いままですよねー。
声も相変わらず高くてキレイですし。16年前と変わらない部分です。
16年前と変わったところと言えばヘアスタイルですよね。
ロン毛になっています。最近の話じゃないんですけどね。
太くて重そうな、そしてツヤのあるキレイなEBIさんの髪。
我ながらいい感じで表現出来たと思います。
お顔のシワが少ないので彫り師としては楽でした(笑)。
その分絵師は全体のバランスとるの難しいんですけども。

あ、EBIさんがゴールドピックガードのプレベ使ってるの、
筆者の涙腺緩んだポイントの一つです。
物持ちいいなぁ。
というかEBIさんはあのプレベが一番似合います。


ということで。
次回はいよいよユニコーン祭最終回。
まだ出てない人は、そう奥田民生さんでございます。
お楽しみに。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑クリックプリーーーーズ!
[PR]

by guntap | 2009-10-19 22:07 | 消しゴム版画-邦楽 | Comments(0)

いかりや長介

ふーっ、出来たー。

c0214078_20573247.jpg
c0214078_20574595.jpg

2009.10.05製作。縦50mm×横45mm。


筆者の中で、消しゴム版画の完成品を料理に例えますと
いい絵探し→獲物探し  お絵描き→狩り(似れば狩り成功)  彫り彫り→調理という感じです。
YOUTUBEの「笑って泣いていかりや長介大爆笑一周忌SP」でいい顔見っけて出来ました。
筆者はmixiもやっており、その中で版画の題材リクエストを募っております。
長さんはそのリクエストで採用した題材です。
リクエストをくれたブラックくんに「シリアスな顔で作るぞ」と予告しておきながら
途中で「やっぱ笑顔で作ります」と変節、挙句、上の微妙な表情。
「晩年のヒゲいかりやが作りたい」という条件を最優先に獲物を探していたら
この表情のゴリラしか歩いていなかった、ということです。
で、狩ったら首尾よく狩れた、と。筆者の得意なジジイだったので。

つか不謹慎だなさっきっから。
関係者の皆様申し訳ございません。

ということで、お粗末さまでした。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑クリックプリーーーーズ!
[PR]

by guntap | 2009-10-05 21:33 | 消しゴム版画-俳優 | Comments(2)