ピアニスターHIROSHI

こんばんは、GUNTAPです。

先日、木材を切ったり割ったり削ったりするのを楽しむ
「削ろう会」という催しものが川越市であり
刃物屋の端くれとして見学して来ました。

が、

その会場外に掲示してあった告知ポスターに、筆者は釘付け。

なななんと、あのピアニスターHIROSHIのコンサートが
同じく川越市の施設で催されるというのです!


…え、ピアニスターHIROSHI、知らない?

嘘だん。


しゃーねーなもー。
念のため、彼はこういう方です。

1:18あたりタマランww

もう15年ほど前に終了した「タモリの音楽は世界だ!」という番組で
彼の衝撃的な姿を目の当たりにした筆者。
番組終了後、あまり見かけず心配しておりましたが
今も相変わらず、お元気にご活躍されていたんですね。

もうこんな超微妙な位置の有名人
消し版化せずにはいられないよぉ。
ほっとけないよぉお。
こういう人をネタにするのが
まさにこの拙ブログ、GUNTAPimprintの真髄ぃい!

c0214078_21324416.jpg

2011.09.11製作。縦50mm×横45mm。

このメガネの奥のすっとぼけたようなクールな瞳とは裏腹に
氏の演奏はまさに情熱的な変態アレンジ
一度見たら、忘れられませんよね。

ここで勝手に告知。

    ***

2011.11.05(土)
第19回『メルトコンサート』
ピアニスターHIROSHI
全席指定3,500円
川越西文化会館
18:00開演

*お問合せ*
川越西文化会館窓口
049-233-6711

    ***


筆者は、マジで行きます!(笑)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑さんかとぅ。
[PR]

by guntap | 2011-09-12 21:48 | 消しゴム版画-邦楽 | Comments(6)

「勤」賀新年

本年一発目の記事も、いつも通りの「これ誰?」な
海外アーティストでいったろうと思てたんですけど
気付いたらもう3日ですので
ここは素直に年賀状ネタでいこうと思います。
(相変わらずな書き出しだ(笑))


今年の年賀状図案は、筆者初のはんけしくん一枚彫りで行いました。
モチーフは今年の干支であるウサギに引っ掛けまして
コチラでございます。



c0214078_16583151.jpg

メイン図案:2010.12.23製作。はがき大。
「元旦」の篆刻:2010.12.21製作。縦15mm×横8mm。


動物のウサギは絶対一匹も彫りたくなかった筆者。
その信念を貫き通し、上の図案になりました。


え、何のジジイかわかんない?


いや、わかる思うけどな。


c0214078_16584675.jpg

一番魂を込めた部分(向かって左側の目)。
原画通りにはいきませんでしたが、なかなかどうして
イッてしまいそうな老人の表情を出せたと思います。


何、まだわかんないって?


わかるはずだ。
謹賀新年の「謹」が間違ってるのはワザとですよ。


c0214078_1658599.jpg

原版。
今年はお陰さまで50枚超摺ることが出来たので
ご覧の通り真っ黒になりました。
まるで天井から吊り下げられたお化けみたいですね(笑)。
(手前にあるのが篆刻)


モチーフ誰だか、もうおわかりでしょう。

まだわかんない人のためにネタバラし。
この人は大滝秀治を形態模写している関根勤さんです。
なぜ関根さんなのか?まではよう言わん。



という訳でご挨拶遅れましたが、あけましておめでとうございます。
今年も「?」な消し版をたくさん作っていきたいと思いますので
頑張って追っかけて来て下さいね(笑)。
よろしくお願い申し上げます。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑今年もこりずに参加します。ランキング。
[PR]

by guntap | 2011-01-03 17:20 | 消しゴム版画-お笑い | Comments(18)

松本人志

あどうもGUNTAPです。

すみません前回で最終回だったガキ祭ですが、
最後の集合写真に心霊が写っていました。
て言うのは大嘘で、一人紹介してない人がおりました。
いや紹介はしたんですけど、別バージョンがありまして。
こちらです。


c0214078_22593190.jpg

2009.02.23製作。縦50mm×横45mm。


聞きシリーズで迷って凹む松本人志さん。


松本人志を見て育って来ました。
大笑いした一番古い記憶は、題名忘れましたが
高級レストランでウェイター(今田)とコック(松本)が
客の質問にいちいち混乱するごっつええ感じのコントでした。
小学4年あたりだったような。
日曜20時にはこちらでは放送しておらず、
日曜16時に放送されていたのを見ました。
兄と二人で爆笑しましたっけね。
その後兄がごっつのビデオをレンタルしてきてくれて、
返却日まで何度も何度も見ました。
脳のヤラカイ小学校高学年時分には
オーヴァードーズだったような気がします(笑)。

当時でも充分楽しめたんですが、数年前に出たDVDで見直すと
当時はわからなかった笑いがたくさん隠れていました。
面白いということの絶対値が放物線状に展開されているというか
面白いことのサンプルが被らることなく展示されているというか。


恐れ多いですが、GUNTAPの「尊敬する日本人10選」に軽く入って来る方です。


あ、でも映画はDVD出てから見ることにしています。
尿意と周りの騒音と座り心地の悪さの三重苦(最後は映画館にもよる)は
ちと耐え難いので、自分の部屋でゆっくり見させて下さいませ。


ん、TVで井上陽水やってますね。録画録画~(きっと版画化)っと。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑もうすぐ130位切ります!サンキューヨー!
[PR]

by guntap | 2009-11-18 23:34 | 消しゴム版画-お笑い | Comments(2)

板尾創路 (ガキの使い祭⑬~最終回~)

さあガキ祭り、今日で最終回となりました。
本日は「第6のガキメンバー」と言ってもいいこの方です。


c0214078_22124874.jpg

2009.09.20製作。縦50mm×横45mm。
メンバーに今日の内容を説明する板尾創路さんの図。


板尾さんは松本さんを超えるシュールな笑いの持ち主だと思います。
笑っていいとこなのかどうなのか、人によっては全くわからないですよね。
コントでメンバーがクスクス笑ってしまってる(本当は笑っちゃダメな)とこでも
彼だけは役になりきって笑顔一切なしで演じ切ります。
これがプロなんですけどね。

若手のコント見てるとそういう場面でみんながみんな笑ってますが、
みんな笑ったらメリハリつかなくて面白くないんですよ!
でもいつの間にか当たり前みたいに「こういうのはアリ」
みたいになっちゃってますよね。

筆者は悲しいです!

「ここ面白いところだよ~」と教えてるつもりなんでしょうけど
「面白いか面白くないかなんてこっちで判断すっから真面目にやれ!」
と思ってしまいます。
若手で「版画にしたいな」って思えるの、いませんもん!

今日のこのご時世、板尾さんは賛否両論の激しい人でしょうね。

一方で、救命病棟24時の板尾さんの演技は真面目すぎて
なんか感動して泣きそうになりましたよ。
いつも真面目で全力投球な板尾さんは筆者の大尊敬人物です。



はあ、また「松ごっつ」みたいな番組やってくんないのかな…。



あらら、ガキ祭最終回にして若手批判になってしまいましたね(汗)。
すみません。

最終回ですんでグランドフィナーレなんですが、
今回のガキ祭出演メンバー版画の
原版の集合写真で閉めたいと思います。



c0214078_22341987.jpg

わっ、濃い(笑)!



ガキの使い祭、長らくお付き合い頂いてありがとうございました。
今回で大分版画のストック使っちゃった(汗)。
ガンガン作っていかないとまずいですね。

今後はアメリカ人の音楽家の人たちが登場していきます。
かなり自己満な内容かもで恐縮ですが、
これからも何卒よろしくお願いします!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
[PR]

by guntap | 2009-11-17 22:49 | 消しゴム版画-お笑い | Comments(0)

ジミー大西 (ガキの使い祭⑫)

今日の人も年末の罰ゲームスペシャルには
レギュラーで出演されている方ですね。
昔は山崎と犬猿の仲として戦っていた猿の方ですね(違)。

変な前振りはここら辺にして、はいコチラです。


c0214078_19182822.jpg

2008.09.16製作。縦50mm×横45mm。


「20」を英語で言っているところ(笑)。


…なんなんスかね。
もうっ。


さあ!(本文短っ)
2週間半にも渡ってやって参りました(そんなにやってたのか)
ガキ祭もいよいよ次回で最終回!!
一体誰なのか。グランドフィナーレはどんなんなのか。
こんなにハードル上げていいのか(笑)?
乞うよ!ご期待!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
 
[PR]

by guntap | 2009-11-16 19:35 | 消しゴム版画-お笑い | Comments(0)

ほっしゃん。 (ガキの使い祭⑪)

ガキ祭も大詰めとなって参りました。
今回を含めあと3回の予定です。

今回は罰ゲームスペシャルにちょくちょく登場する
うどんに人生懸けて来たこの方です。


c0214078_20212752.jpg

2009.03.06製作。縦50mm×横45mm。



版画製作において、まず「よし、○○さんを作ろう」と思ってから製作が始まるパターンと
何の気なしにDVD見てたら創作意欲が掻き立てられて
俄然製作が始まるパターンがあるといつだか述べたような気がしますが、
このほっしゃん。さんは完っ全に後者です。

笑ってはいけないハイスクールにて
理科の先生として出演された時の、グッドフェイスですね。
こんなに不貞腐れたまま鼻にうどん吸い込まれたら、そら笑わずにはいられません。
思わず停止ボタンを押し、シャーペンが勢いよく紙の上を走ったのでした(笑)。


あとこの版画で自分なりに印象深いのは顔が右向きだったというところです。
最近は克服したので右向きも左向きもさほど気にならなくなりましたが、
これを作った頃はまだ右向きの顔を描くのが苦手でして。

みなさんも誰かの顔を描けと言われたら、
おそらく右利きの人は左向きに描きがちじゃありませんか?
なんていうか、顔を右向きに描く時って
例えばひらがなの「あ」を左右反転して書いた時のような違和感を
筆者は感じるんですよね。
それまで右向き顔は無意識に避けていましたが
これきっかけに意識的に描くようになり、そこそこ克服出来ました。
やれば出来るんですね。つくづく思います。
まぁ左向きの方がやはり、絶対数は多いですけどね。


んなとこで、今日はこれまで。
また次回。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
[PR]

by guntap | 2009-11-14 20:48 | 消しゴム版画-お笑い | Comments(0)

岸部四郎 (ガキの使い祭⑩)

今日のキャラはガキの使いの歴史の中でも
神の回を創造された人物です。

「本日のゲストはこの方、岸部四郎さーん!」

ガキメンバーとのお料理対決で公園に現れた岸部。
しかしメンバーのもとに駆け寄る途中に巨大落とし穴が。
地中深く吸い込まれます。
「…何してた人や知ってる?元金持ちやぞ俺ぁ。」
俄然テンションの下がる岸部。
プロデューサーと話がある、と場所を移すが
その道すがら、また落とし穴へと消える岸部。
「エグゼクティブプロデューサー誰や。
 それとちょっと俺バスで話したいわ。」
不機嫌な岸部を追い、一同はロケバスへ。
「これお金に換算したらやねぇ、大変なことになると思うよ。
 俺は5万で今日来たんやから。 せめて8倍出してよ。 ドンドン(和太鼓SE)。」
(最終的にはクリーニング代込みの8.5倍で妥結)

しかしその後も数回、岸部は落とし穴へと引き吊り込まれるのでありました(笑)。


c0214078_22273347.jpg

2008.03.09製作。縦50mm×横47mm。


もう6~7年も前の放送になりますかね。
しかしながら未だに色褪せない回です。
色褪せることなんかないんだろうな(笑)。
金にヤラしい岸部さんらしさを
目と、画面隅の線の効果で現しました。
最後の方のセリフ、「金しかないなぁ!」でも良かったんですけど
なかなかいい顔がキャプチャー出来ず。
折を見て作りたいですね。


あ、ガキ祭はあと数回で終わっちゃいますよ。
次回もお楽しみに。  


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
[PR]

by guntap | 2009-11-12 22:58 | 消しゴム版画-お笑い | Comments(0)

坂田としお (ガキの使い祭⑨)

わーいガキ祭ガキ祭~。
まだまだ行くぞー。

今回はガキにはちょくちょくは出てこない、
いやあれが最初で最後だったかも、なこちらの御仁です。



c0214078_22563686.jpg

2008.09.18製作。縦50mm×横45mm。


去年の「ハイテンション ザ ベストテン」にご出演された坂田としお師匠。
あまりにも可愛かったので消しゴム版画に致しました。
全身像でもいける題材でしたね。
暇見てそっちも作りましょう(笑)。

ハイテンションと言えば
昨日のガキはハイテンションでしたね。
ガキだけは毎回DVDレコーダーに録画しているんですが
昨日急に故障してしまいまして(泣)。
本体のリモコン受信部がおかしくなってしまったようでした。
修理には7~10日要すらしく
もしや来週のハイテンション後編には間に合わないかも…。

ま、どうしようもねぇッスね。


次回もガキ祭なんだなぁ。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
[PR]

by guntap | 2009-11-09 23:11 | 消しゴム版画-お笑い | Comments(0)

笑福亭笑瓶 (ガキの使い祭⑧)

ガキ祭。

今回はこの人です。

c0214078_2122219.jpg

2008.04.06製作。縦50mm×横45mm。

描画で一番難しいのは「目」を描くことです。
大体いつも半円を描き入れるわけですが、
その円弧の角度が少しでも狂うと
視線の角度も変わってしまいます。
それによって表情も変わります。
しかしあまり描き直していると紙が歪んでしまい
思うような線が描けなくなってしまいますので、
慎重且つ大胆に描きいれることを心がけています。

まぁ何が言いたいかというと、この笑瓶は描画が簡単だったってことです(笑)。
20分くらいで描けましたかね。
でもこの白髪混じりの頭は、どう表現するか考えました。
今見ると、あまり上手い描き方とは言えませんね(汗)。
今後も笑瓶を描く機会があればもっと工夫します。
あ、もうないか(笑)。


次回もガキ祭ですよー。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
[PR]

by guntap | 2009-11-08 21:37 | 消しゴム版画-お笑い | Comments(0)

村上ショージ (ガキの使い祭⑦)

さあさあ、今日もガキ祭ハリキって参りましょう。
今回は解説ないとわかりづらいかも知れませんね。


ガキの使いで「教室シリーズ」を担当してました。
いつも視聴率がシングル(一桁)でガキにとっての邪魔ものでした。
版画の絵は海賊教室にて、
何らかの手違いで頭から水をかぶってしまい
しかしながら冷静に次の授業へといざなう様子です。

c0214078_2115475.jpg

2008.04.18製作。縦50mm×横45mm。

芸人魂がしとどに伝わるワンシーンですね(笑)。

この版画を作って一つ反省点。
それは「コスプレはわかりづらい」。
先日の「タッチの浜田」はノーマルがあるから成立していたもので
あれ単体では「どこのおばはん?」って感じですもんね(笑)。


ガキ祭はまだまだ続きます。
次回はわかりやすいですね。
お楽しみに!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑ドゥーーーン!
[PR]

by guntap | 2009-11-07 21:27 | 消しゴム版画-お笑い | Comments(0)