「ほっ」と。キャンペーン

慈恩寺 勢至菩薩立像

こんばんは、GUNTAPです。

前回に続いて今回も仏像ネタで参ります。
今夜は筆者の故郷・山形県寒河江市にある古刹
『慈恩寺』、またの名を『ずぉんず』、英語名“Zonz”にいらっしゃり
現在一般公開中の秘仏であるこの方です。
(英語名の部分は嘘です)

c0214078_22101175.jpg

2013.06.19製作。縦73mm×横47mm。


慈恩寺では4体の秘仏が公開中ですが
こちらはその中のお一人、勢至菩薩さん。
この5月に山形に帰省した時、実際に拝観に行ってきました。

お寺が火事にあい、燃えないようにとあわてて池にブチこまれ
頭頂部にある髻(もとどり)と右前腕がどっかいっちゃったけど
まーいっかーな感じで現在に至るということだそうです。

瓜実顔でしゅっとしており、玉眼がキラキラと潤っていましたが
その繊細さとは打って変わって、下半身の衣の重厚感を
ここまで感じる像も珍しいと思います。

c0214078_2221308.jpg

頭部と胴体を細かめに、衣はダイナミックになるようにしてみました。
昔の日本画を見ると衣は太い勢いのある線で描かれてまして
いつかどっかで真似したいなーと思っていたので出来てよかった。

c0214078_22264129.jpg

ということで、寒河江本山慈恩寺秘仏展は7月15日まで。
筆者は事情により会期中にもう一回山形に戻ることがあるので
もう見れるだけ見てこようかと思います。
写真手前に写ってるのはゴマだんごです。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
ありがとうございました。
[PR]

by guntap | 2013-06-24 22:31 | 消しゴム版画-仏像 | Comments(2)

興福寺 無著菩薩

こんばんは、GUNTAPです。

今回は以前から彫りたくてしょうがなかったのに
なんか腰が重くて着手が出来なかったネタです。

c0214078_20352088.jpg

2013.05.31製作。縦65mm×横51mm。

奈良・興福寺北円堂におられる無著菩薩さん
通称「むーさん」です。

つぶらでうるうるな瞳。
以前拝観にお邪魔した時は北円堂に入るなり
そのやさすい瞳でずっとこっち見てたなぁ。
ずっとこっち見てた。

c0214078_2041560.jpg

なぜ腰が重かったかというとこの方の「黒い部分」です。
内側のダークな部分、ってわけではなく単純に
この方の影、彩色の剥がれまた汚れの「黒」をどうするか。
仏像にはこういった古色が多いので悩みどころです。
燻されて真っ黒なったのとかほんとどうしよう。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
ありがとうございました。
[PR]

by guntap | 2013-06-01 20:50 | 消しゴム版画-仏像 | Comments(2)