<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Niel Peart (Rush)



RushでFar cryお届けいたしました。

今回はこちらの素敵バンド、Rushのドラム
Niel Peartさんです。

c0214078_2134712.jpg

2013.01.29製作。縦50mm×横45mm。

数々の音楽雑誌の人気投票で上位に名を連ねる大ベテラン。
ニール師匠のパワフル且つ繊細なドラミング震えます。
一打一打が心に響くぅ。
ライドの入れ方がたまらなく好きです。

c0214078_2142537.jpg

接写ーっス


口周りを三角刀で抜いてたら元の線と若干違ってしまいました。
やはり正確な動きをするなら印刀に限りますね…


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑せしゃーっス
[PR]

by guntap | 2013-01-29 21:17 | 消しゴム版画-洋楽 | Comments(0)

弁才天

こんばんはGUNTAPです。

今日は2013年彫り初めのもの(遅)。
山形のギタークラフト・彩雲弦楽器さんのご依頼により製作した
今年の干支にも因んだとても縁起のいいお方の消し版です。


c0214078_21465555.jpg

2013.01.21製作。縦横50mm。


音楽や芸事の神様、弁才天さん。
彩雲さんの作るギターのある一部分のデザインとのことで
サウンドホールがfホール、フィンガリングもギターっぽいなど
ちょこっと創作を加え仕上げました。
既成のデザインをいじって遊ぶのは楽しい。


c0214078_21562055.jpg

印面。
ビックリマンのヘッドを彷彿とさせる画ヅラです。
ふんわりした感じに気を配りましたが
柔らかい線になるように彫るのはなかなか難しいですね。


これを下絵とし、もう一段変貌を遂げます。
どうなるか楽しみだ。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
  
[PR]

by guntap | 2013-01-21 22:05 | 消しゴム版画-キャラ | Comments(2)

慈恩寺十二神将 因達羅大将

こんばんは、GUNTAPです。

新年二発目も前回に続き年賀状です。
今回は消しゴムはんこde年賀状。
去年から始めた仏像はんこですが
今年の年賀状にはそのテイストを思う存分ぶつけました。
干支と仏像ですぐ連想されるのが「十二神将」。
巳年の今年はこの方です。


c0214078_2216417.jpg

2012.12.22製作。はがき大


c0214078_2218563.jpg

原版。


全国にたくさんの十二神将のみなさんがいらっしゃいますが
今回は筆者の地元であり最近仏像部さんも訪問し話題となった
山形県寒河江市の慈恩寺から
巳神将である因達羅大将さんをモチーフにしました。
この方とウサギの方とでボストンに行って
上野に寄り道して帰ってきた、という過去があるそうです。


c0214078_22233891.jpg

木版画では常識のカギ見当とアテ見当をつけたので
ズレも少なく摺りやすかったです。
でもバレンで摺るより左手で一部を抑えて
右手でナデナデした方がよりズレが少なかったです。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑慈恩寺は500円で拝観できますので是非。
[PR]

by guntap | 2013-01-10 22:37 | 消しゴム版画-仏像 | Comments(4)

スパイラル

こんばんは、GUNTAPです。

気づいたらブログもとても久しぶりで
新年あけましておめとうございました。

ということで2013年いぱちゅめのネタは無論年賀状。
般若心経にウツツを抜かしてた直後だったので
デザイン考えるのも切羽詰ってましたが
なんとか出来ました。


c0214078_23281895.jpg

2012.12月あたま製作。160mm×110mmのシナ合板使用。

c0214078_2333614.jpg

原版。
三版三色摺りです。

今回は弊社のお得意様である工房ゆう・山口先生に
特別レッスンを受けさせて頂いたため
去年より摺り技術が格段にアップしました。
が、まだまだですね…。
彫り、摺りともに木版の面白さ
奥深さを改めて知ることが出来ました。
上達するにはやはり正しい知識と数こなすことなんだと
思い知らされた次第です。
山口先生本当にありがとうございました。

というわけで今年もよろしくお願いいたします。
とか言っといて次回も年賀状ネタ
もちろん消しゴムはんこです。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑年末年始の拙ブログ記事ランキング1位は
 やっぱ前島浩一なんですね平和です日本
[PR]

by guntap | 2013-01-07 23:50 | 木版画 | Comments(0)