Heath Ledger as "Joker"

こんばんは。

この度は久々のリクエストを頂きました。
「リクエストなんか募ってんのか?」とお思いかもですが
どーやら筆者、mixiのプロフィールに
「リクエスト待ってます」と書きっぱでして(笑)。

そのmixi共和国にお住まいの『5分だけ長瀬智也』さん(なんちゅうHNw)より
「映画『ダークナイト』でヒース・レジャー氏の演じた
ジョーカーの版画を見てみたい」ということで頂きました。
筆者「ダークナイト」は未見だったので早速調べましたら
なんともまぁ筆者の芸風にピッタシのキャラじゃありませんかっ!
すぐさま採用を決定し、調子よかったんでもう作っちゃったんだい。


c0214078_2312749.jpg

2010.05.30製作。縦45mm×横50mm。
長方形はいつもと90度違います(横長)。


ヒースさんは若くして亡くなられたのですね。
なななんと筆者の一個上(1979年生)!没年は28歳だそーで…。
ジョーカーの画像を見る限りそんなに若い方とは思ってなかったです。

ん、前回のポールさんといい今回のヒースさんといい、
故人を偲んでばかりですね…。
「追悼消し版師」になっちゃおうかな(笑)。


ってなぁ、おい!故人に不謹慎やろ!


…失礼しました。
ヒースさんのご冥福をお祈り致しております。
R.I.P.



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑夢のランキング30位代はとっくに終わった(笑)。
[PR]

by guntap | 2010-05-30 23:16 | 消しゴム版画-俳優 | Comments(2)

Paul Gray (Slipknot)

最近ミュージシャンの訃報が後を絶たないですね…。
否が応にも気分が凹んでしまいます。
ということで今日は追悼版画です。

スリップノットのベーシスト、ポール・グレイさん。
ホント急の訃報でビックリしました。
筆者はスリップノットの大ファンではありませんが
そのあまりの若さ(1972年生)に唖然としました。
「遺体で発見」ていうのもなんだか気分の悪い書き方です…。

メンバーの記者会見を拝見し、
版画製作を決めました。



c0214078_21382930.jpg

2010.05.28製作。縦50mm×横45mm。


完成してポンと捺して見た時
ちょっと泣きそうになりました。


ご冥福をお祈り致します。
合掌



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
[PR]

by guntap | 2010-05-28 21:45 | 消しゴム版画-洋楽 | Comments(0)

カミソリペンダント for もっつ

以前、友達のコーヘ→くんペンダントを作ってあげました。
で、彼のブログでもネタとして取り上げられたんですけど
それを見ていた彼の音楽仲間の「もっつくん」という人が
そのカミソリペンダントを大変気に入って下さり
コーヘ←くん伝で我が元に依頼が参りました。

もっつくんは当初コーヘ↑くんのと同じのでちょい小ぶりなのが、とのことでしたが
メールで意見交換画像交換するうちに、カミソリ型というのは残しつつも
彼オリジナルのデザインが出来ました。

これですのよ。


c0214078_20304745.jpg

2010.03.20完成。縦35mm×横20mm。
c0214078_2031028.jpg

うしろすがた。


彼には夢がある。
医者になる夢である。
この模様は蝶であり、願掛けの意味があるのだそうである。

いいですよね、三角形二つで蝶。
シンプルな構図で美しく描くのは、難しくもあり楽しい。
そして紙の上で描いていたものがシルバーに乗ることでも
表情がまた変わって面白い。


もっつくんはmixiに在籍しており、シルバーを渡す前にいろいろ見てたんですが
「車の免許」やら「予備校」と、どーもこいつ、俺より一周りほど年下だなぁと思ってたら
やっぱりそうでした(俺の11個下の19歳だとよ!)。
シルバー納品時が初対面だったんですけど
初対面とは思えないようなディープな話をしました(笑)。面白かったー。
また一つ、いい出会いが出来たと思います。


最近筆者、いろんな人と出会えていて楽しいです。
ひとえにこの趣味がもたらしてくれたものなのですけれど。
東京行った時もそうだったし。
人生って「いろんな人と出会うこと」が、一番大事なんじゃないかなぁと最近思いますね。
お金いっぱい持ってたって人と会えないのはつまらないもの。


お金、いっぱい持ってないけどさ、俺(泣)。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑出会いにカンパイ。
まだ直接会ってない人、待っててね。
[PR]

by guntap | 2010-05-25 21:17 | 銀細工-ペンダント | Comments(0)

Duff Mckagan (Jane's Addiction)

あうー。

今日は休日なのに会社に行ってきました。
今年、NCフライスの技能検定を受ける後輩に
一級技能士である筆者が理屈を教えるためです(エッヘン!)。
一日分の休日出勤手当ての付く、いわばバイトですね(ヮーィ)。

いやーしかし、人に教えるのも疲れますね。
理解してもらわないと喋ったことが無駄になるので
理解してもらうように工夫して喋らないといけない。
無駄になるのも工夫するのも疲れます。
でも後輩くんはなかなか物分りのいいヤツだったので助かりました。
(つまり今日の疲れは工夫喋り疲れ)


さて、前置き文の行数も稼いだので本題です(笑)。

さっそく見て下さいな!



c0214078_22252018.jpg

2010.05.23製作。縦50mm×横45mm。


ジェーンズ・アディクションのマイケル・アンドリュー・ダフ・マッケイガンさんですね。



…えっ、ジェーンズ・アディクションの!?



ダフの兄貴、なんかどーやら今年から
ジェーンズの正式メンバーになられたそうです。
あっちの人はみんな、仲いいからなぁ。


ダフの兄貴と言えばやっぱり
ニューロティック・アウトサイダーズ(以下NO)ですよねぇ(違)。
筆者は高校に入りたての頃、ウチの愚兄が
当時のTSUTAYAだかの広告の洋楽新譜コーナーを見て
「これなんかヤバそうだ」と言っていたのが前述のNOでした。
セックスピストルズのスティーブ・ジョーンズと
ガンズアンドローゼズのダフとマット・ソーラム、
デュランデュランのジョン・テイラーが組んだバンドってことで。

で早速ウチの兄が購入し聴かせてもらったんですけど
なんかダラダラした、ほんですっごい下品な歌詞で
おっさんの貫禄ロックな感じで
大変気に入ったんですよねー(気に入ったんかい)。
特にダフ兄貴の醸し出す雰囲気ががカッコよくてですねー。
独特なハスキー声と発音、男臭いメロディ、乾いたギターリフ。
「憧れのオトナの男」って感じで、グッと来たんですよね。

思えばNOが、筆者にとっての洋楽への架け橋になったんですよ。
Sくんにも教えて、二人で爆聴してましたっけなぁ(セガサターンで)。


そっかー、ジェーンズかー。
ろくに聴いてないので聴き返してみよう。
だーっ、「聴かなきゃ」な音楽が山積みだー(幸せ)。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑お笑い消し版ファンのみなさんも、どーかワンポチ願います(笑)。
[PR]

by guntap | 2010-05-23 23:01 | 消しゴム版画-洋楽 | Comments(0)

レスポール・スタンダード

YEAH!
デザインフェスの興奮もまだ冷め遣らぬ状態ですが
通常営業を再開したいと思います。
以前レスポール・カスタムをご紹介した際
コメント欄のやり取りで製作が決まったレスポール・スタンダード。
カスタムとどう違うかはそのコメント欄をご参照下さい。

絵の起こし方なんですが、以前のカスタムの下絵をいじるかとも考えましたが
折角描いた下絵を消すのがなんとなく勿体無いような気がしまして。
クオリティアップ、そして修行がてら(笑)、改めて描き下ろしました。


コチラになりますね。


c0214078_0373918.jpg

2010.05.04製作。縦65mm×横24mm。


これ実は作ったのテレキャスと同じ日です。
連休暇だったからさぁ(笑)。
さておき、考えてみれば白いボディのスタンダードって見たことないですね。
カスタムにはあれども。スタンダードじゃ白はさわやか過ぎ?

で、ここからは恒例の色版遊びコーナー(ってかこっからが本番)。


まずはAICのウィルデュバさんも使ってるチェリーサンバースト~。

c0214078_0465597.jpg


コメントは後ほどまとめて。

続きましてぇ、RATMのハゲちゃんも使ってる虎杢~。
Audioslaveの時C♯チューニング(の6弦ドロップ)で使ってました。

c0214078_0474567.jpg



さて最後はテラピィさんリクエストのゴールドトップで~す。

c0214078_0501937.jpg

c0214078_052447.jpg

ベタ塗り重厚感(笑)。

ピックアップは今回全部カバードで済まさせて頂きます。


写真の順番なんですけど、なんだかわかります?
色版捺すの難しい順です(笑)!

サンバーストは面倒です。
色版に、いい感じのグラデで赤インク付けるのも骨なのに
いざ捺してズレたらやり直し。
また色版の周辺だけにグリングリンして赤インク付ける作業が待ってます。
でまず黄色(からし)を二発捺して色版拭いて、次に赤グラデ捺しーの。
黄色があまりにも明る過ぎのためオレンジを一回捨て捺ししたのを捺しーの。
紙がふやけるくらい幾重にも捺しての完成でした(笑)。
あったかみのあるチェリーサンバーストが出来ましたね。


虎目は別版作りました。
これ思いついたとき、彫るの面倒くせーってのがすぐ浮かびましたが
思いついたら作るしかないんですよね。
思った以上の効果がありましたけど。よかった作って。
捺し方は、黄色の後に一回捨て捺しのチョコレート色でポン。
すぐ終わり。

金は二回捺しのみ!
SANBYってメーカーのインクパッドですけど、いいです。
シャチ○タよりいいことが最近判明。
金色買っといてよかった。


今回の原版たち。
c0214078_1145544.jpg

ベタの色版は黄、赤、橙、金の1人4役!
お疲れ様でした(輝いてるよ、ベタ色版(笑))。


追記。
色版の工夫です。

c0214078_0325736.jpg

このよーに色の付く周辺をえぐるよーに削ります。
スキャロップ的な?(一本じゃスキャロップとは言わないね)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑押して下さると、うちのランキングが上がります。
上がると、プレゼント企画が近づきます(←ヤラシな)。
[PR]

by guntap | 2010-05-20 01:29 | 消しゴム版画-モノ | Comments(6)

デザインフェスタ Vol.31 見学レポート

5月15、16日と東京ビッグサイトで行われた
「デザインフェスタ Vol.31」を見学して参りました。
去年の10月以来二回目の見学になります。
前回は会社の先輩と二人でだったんですけど
今回は一人で、新幹線で行ったんですよー。
で、前回のようにデザフェス以外の用事もなかったので
大変ゆっくり見ることが出来ました。

Cブロックからしらみつぶしに見ていこうかという思惑でしたが
一個一個理解、堪能していくにはやはりあまりの数であり
Cブロック2~3列見て休憩。思惑断念(笑)。
まずは目ぼしいところから行くことにしました。


まずは筆者をブログの世界に誘って頂き、
前回もお世話になったはんこや和さんの元へ。
軽くご挨拶し、新しい名刺はんこを捺してお渡ししようとするも
恒例の場違い感丸出し状態で額に汗し(笑)、
名刺をお渡しし、そそくさと一旦引き上げました。
それだけお客さんがひっきりなしにいらしてまして。
nagomiさんもこの半年でまた大きくなられたんだなと実感。


海が見えるほど会場から離れてだいぶ休憩を挟んだ後(笑)、
次にお伺いしたのが、いつか必ずやお会いしたいと思っていた
カリスマ的消し版師のふわふわ堂さん
去年はスタンプカーニバルと開催日がバッティングのためお会いできなかったんですが
今年はついにお会いすることが出来ました!
PC画面の前で放心状態でヨダレを垂らして見ていたモノを目前に出来たこと、
そして何よりふわさんと直接お話をすることが出来たのは大変感動モンでした。
お忙しい中いろいろお話させて頂きました。
消し版やってればいつかぶち当たる壁のお話。
消し版作りとしてのキャラ、作風のお話。
消し版製作以外の技術的なお話。
こっそり消し版製作の裏話、etcetc...
筆者、「そうなんですかー」と「やっぱそうですよねー」しか言ってなかったような気がします(笑)。
こんなことを言うのはなんだかおこがましい限りですが
筆者と似たようなお考えをお持ちなのが、なんだか嬉しかったというか。

で、これまた恐縮ながらふわさんの元でもネタ見せをさせて頂いたんですが、
「ウチの絵って、なんか硬いんですよね。作風が」などと申しましたら
ふわこさんの方から「それ大事にしないとっ!」と言って頂きまして。
あの瞬間、嬉しさからかな、体が震えましたねー。
思わず「大事にします!」とお返し致しました。
泣きそうになるくらい嬉しかったです。ありがとうございました。


そこそこ長い時間ふわさんの元にお邪魔させて頂いた後また休憩。
nagomiさんのところに我がドリンクを忘れて来ていたことに今更気づき(笑)、
ふたたびnagomiさんのところへ。
そしたら彼女に「TSUBUANさんとこ行った?行ってないなら行ってみ。
気さくでいい人だから!」と言われ、言われるがままに訪問。
TSUBUANさんは事前にnagomiさんからチラッとお話を聞いており
mixiで彼をサラッと確認してた程度でした。


床のブース番号を確認するため床ばっか見ながら移動。
勿体無い過ごし方極まりないですね(笑)。
で到着してまず目に付いたのが、可愛らしい売り子さん。
後で聞いたらTSUBUANさんのお母様だそうで。
で、商品陳列什器と隣のブースとの間で黙々とオーダー顔版を彫るTSUBUANさん。
でも「いらっしゃいませ~」のお声は愛嬌たっぷりで、絡みやすさ全開(笑)。
お忙しい中、絡ませて頂きました(邪魔ばっか(汗))。

TSUBUANさんは本業で消し版を彫っているらしく
なかなか大変ではあるもののやっと最近波に乗れて来れたそうで。
で、お話してる間も消し版製作作業の手は休むことがないんですが
驚いたのはその製作速度の速さ!しかも決して拙速ではない!
田んぼのあぜ道を脱線せず爆走するカブのような?(なんちゅう例えや)
彼の作品はとにかくキメの細かいのばかりなんですが
なるほど、あれでこんぐらいのスピード出せるなら
スピードを落とせばあんだけのクオリティが出せるのも合点が行きます。

TSUBUANさん、BLOGはやってないそうなので
BLOGを是非ともやるようにグイグイと推して来ました。
彼の技量がどんだけか気になる方でmixiやってらっしゃる方は是非
「TSUBUAN STAMP」で探してみて下さい。
TSUBUANさん、お忙しい中邪魔ばっかしてごめんなさいね。
絡んでくれてありがとうございました。


TSUBUANさんを後にしてみたびnagomiさんとこに戻ったら、
「来てくれてありがとう」ということでなんとプレゼントを頂いてしまいました。

c0214078_110395.jpg

もったいなくて開けれません(笑)。

nagomiさん、こちらこそありがとうございました。


その後再びふわさんの元へ。
今度は冷静に商品に目をやってみると、
なんとふわさんらしからぬ殺伐とした題材のはんこが。
とはいえ、ふわさんの手にかかれば一発で
ふわさんワールドの登場アイテムになってしまうわけですが。
即気に入り、初ゲット!それがこちらです。

c0214078_1154672.jpg

リヴォルヴァーのGUN!

「GUNTAP」と名乗ってるモンで、そういう点でも気に入りました(笑)。
ふわさん、そしてふわこさん。
いろいろなお話やアドバイス、筆者の今後へのヒント、
そして素敵な坊主頭を見せて頂き(!)、誠にありがとうございました。
また機会あれば是非お願いします。


そういえばウチの叔父貴がモデルガンマニアであることを思い出し
資料が山ほどあることに気づきました。
ということで、ふわさんにも承諾を得ました(?)が
GUNTAP、新シリーズ開始の予感です。



..........................................................................................

今回のデザフェスも、筆者にとってかなりの栄養、そして刺激となりました。
なんとなく、自分、このままでいいのか?などと思ったり。
相変わらず、早く家に帰ってモノ作りしたくなった日でした。
2日間でかかった旅費の何倍も得るものがありました。
また来たいんですけどね、秋はスタカニもあるし、どうするか考えます。


最後に、東京に不慣れな筆者を優しくエスコートして下さった
当ブログ読者のあきこさん、エミコさん、ご友人の方々。
楽しい東京旅行にして頂いて本当にありがとうございました。
これからもブログ共々よろしくお願い致します。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑バナーをクリック下さるとブログランキングに反映します。
よろしければどうぞ~
[PR]

by guntap | 2010-05-18 01:59 | その他 | Comments(8)

William BuVall (Alice In Chains)

アリスいー。

すごくー。

っても谷村と堀内(あーりがとぉぉぉぉう)じゃないよー。


先日のジェリカンさんの時も語りましたように
アリスって言ってもアリスインチェインズ(以下AIC)のことです。
相変わらず連日聴いてます。
歌詞も気になったのから覚え始めました。
歌詞って、相当好きじゃないと覚えないですよね(笑)。
カラオケにあるかもわかんないのに。

さて今日は、死んだオリジナルボーカルのレインに代わりAICに新たに加入した
アフロボーカリストのウィリアム・デュバールさんです。


c0214078_1926482.jpg

2010.04.29製作。縦50mm×横45mm。
ジェリカンさんのイントロを聴きながらスタンバるウィルデュバさん。


アフロアフロー!初アフロ?
こういったモコモコ感をいい感じに表現するのは難しいです。
黒く塗りつぶすとまた見え方が変ったりしますし。
黒が小さく見えるんでしたっけか?
なもんで、鉛筆と電動消しゴムで描いては消してで描きました。
前髪がヤラシイですね、ウィルデュバさーん(笑)。

ウィルデュバさんはいい声の持ち主です。
レインの狂気じみた感じはありませんけれども
TOOLのメイナードに似た、力強くてセクシーな声です。ズルいです(笑)。
あ、ちょと「新ボーカル」のことについて長々書こうかなぁ。
Read More機能、また使っちゃおっかなぁ。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ

More
[PR]

by guntap | 2010-05-14 20:23 | 消しゴム版画-洋楽 | Comments(2)

テレキャスター

GUNTAPギタ版ファンの皆様こんばんは。
そしてsasuraibitoさん、tomoさん
及びテレキャスファンの皆様お待たせしました。

以前コメント欄にてボンヤリと頂いたリクエスト、テレキャスター。
彼とも和解し、無事作ることが実現致しましたよー。

んでは早速、コチラです。



c0214078_22212946.jpg

2010.05.04製作。縦62mm×横23mm。
あ、今回から弦の描写は省略です(笑)。


白すぎるメイプルネックに白ピックガードに白ボディ。
フロントピックアップなし、リア一発の仕様ですねー。
セレクタスイッチはダミーかな(笑)。
あ、リアPUのネジが一個吹っ飛んでますね(汗)。
穴すら開いてないや。

ヘッド彫ってる時、ストラトの時にはなかった苦しみを感じたんですが
原因はペグの白抜きの有無でした。
今回描画の時に無意識に白抜きしてしまってて、自分(絵師)に
「こんな地味なとこで難易度上げんなよ(泣)」とツッコみながら彫ってました。
自分で自分が怖い(笑)。


さておき、この版はただの「ベース」なわけでして(ベースギターは無関係、ややこしや(汗))
これに別版を用いてさらに2種類のテレを作ったのですよ。
カスタムの時の応用ですね。

まず一台目はコチラです。


c0214078_2228942.jpg

黒ボディにリップスティックPU搭載。
ステッカーチューンしたらハゲちゃんギターになります。
(細かく言えばサドルの形状違うんですけどね。)

c0214078_22282016.jpg

色版の方にPUを載せました。

テレっていうと大体リップスティックPUですよね。
しかしながら、筆者個人的に好きなのは
フロントにハムバッカーが載ってるタイプなんですよ。
音的な問題じゃなく、あくまで見た目ですけどね。

ってことで二台目はこんなん。


c0214078_22392370.jpg

いいなこれ。欲しい(笑)。

c0214078_22393441.jpg

色版て普通楽なんですけど、これは面倒だった(涙のポールピース)。


これがしたくてベースのフロントはPUレスにしたんです。
イケベ楽器で資料探ししてたら一発目くらいにこのモデルに遭遇しまして。
ガッツリ参考にしました。

しかしネックの白さがますます違和感を放ちますね(笑)。
何色だといい感じになるんだか。研究が必要です。
今はとりあえずこれでご勘弁下さい。


ギタ版シリーズはまだまだ続きまーす。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
[PR]

by guntap | 2010-05-11 22:48 | 消しゴム版画-モノ | Comments(6)

Mike Patton (Faith No More)

こんにちは。

今回は久々リクエスト作品のご紹介です。
東京都にお住まいのあきこさんより、マイク・パットン(以下ぱっとん)頂きました。
あのTomahawkのぱっとんですね。
あ、失礼しました。Fantomasのぱっとんです。
嘘ウソ。Faith No Moreのぱっとんです(嘘じゃないけど。普通はここから言う)。
つまり、いろーんなバンド、ユニットで活躍する
みんなに愛されるカリスマボーカリストっていうことでございます。

こんな感じになりましたよ。あぼん。


c0214078_17252366.jpg

2010.04.12製作。縦50mm×横45mm。


オールバック、以前も作ったことあったなーと思ったら
たけしの物真似をするココリコ遠藤でした(笑)。


筆者はMelvinsを聴いてた時バッゾ繋がりで名前だけは知ってました。
あとバケットヘッドのDVDでもチラッと出てたのも見ましたね。

この人の歌い方はとっても独特です。
歌っていうかな。まぁ普通に歌ってる時もありますけど
声を楽器として使ってる感じなんですよね。
レコードプレーヤー(ターンテーブル)をDJたちが楽器として使ってるような。
まるでエフェクターを使って特殊効果を付けてるような、歌声とは思えない、「音」。
ですからね、クセがすごいあります。初見じゃ唖然とします。
パッと見の男前な外見からは似つかわしい、いわゆる「変態」ボーカリストです。
好き嫌いハッキリ分かれるでしょうし、日本じゃウケないと思います。
筆者は、大丈夫な部類ですね(あーでもあまりに実験的過ぎるのはちょっと、だな)。

とか偉そうなことを言いつつ、ロクに聴いたことないのでちゃんと聴いてみます。
すみません。


てことであきこさん、リクエストありがとうございましたー。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
[PR]

by guntap | 2010-05-09 17:45 | 消しゴム版画-洋楽 | Comments(2)

くちびる

こんばんは。

筆者は女性を描くのが苦手です。
理由は、描いてると照れるから、ブサイクになるから、などです。
前にお見せしたマツコ・デラックス氏
筆者の中では男性と認識したようで照れもなくすんなり描けました。

で今回、満を持して女性に挑戦。
趣向を変えて、この度は色版からご覧入れます。


c0214078_202038.jpg


くちびるです。

我ながら、ちょっと寂しげのあるいいくちびるだと思います(配置の問題か)。
「キスしたくなるくちびるコンテスト」ってのがあるように
くちびるには不思議な魅力がありますなー。
(上記リンク先はなかなか面白いです。筆者は18番がよい。
 ただ、揺れる特殊効果はどうかと思います。歯まで揺れてどーする(笑))
と、こんな文章を書いてたら照れて来ましたので(笑)前置き終了。
このくちびるの持ち主の方ですよ。コチラです。どん。



c0214078_2095312.jpg

2010.04.18製作。縦50mm×横45mm。



三城晃子さんとおっしゃる方です。
ガキの使いでは「顔デカおばちゃん」、または「おばちゃん3号」と呼ばれてます。
普通顔の描画には40分~1時間ほどかかるんですけど
この絵はえーっと、30分で描けました(笑)。
マツコの方が時間かかったような気がしますね。
描いてても照れなかったし、これ以上ブサイクには描けな(以下自粛)


女性版画の創作への肩慣らしにもならんかったですね(笑)。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
[PR]

by guntap | 2010-05-06 20:27 | 消しゴム版画-お笑い | Comments(6)