「ほっ」と。キャンペーン

川上円月

こんばんはGUNTAPです。

今回は木彫作品です。
c0214078_21105497.jpg

2013.05.16製作。Φ45mm×高さ90mm。

名前は川上円月さん。
思いつきで付けました。

c0214078_21171479.jpg


…いろいろ未熟な点だらけですね。
目の下のクマがあるかないかだけで印象が変わります。
(円月さんにはない)


c0214078_21165974.jpg


4月末の日本ホビーショーにて弊社ブースで行った
毎年恒例の木彫りワークショップ。
今年のネタはこちらのわらべ地蔵を取り上げました。
おかげさまでワークショップの席は満員御礼。
ありがとうございました。

c0214078_2117726.jpg

こちらのお地蔵様が作れるセットは弊社HPにて購入可能です。
木彫に興味ある方の第一歩として最適です。
楽しいぞ、お試しあれ!!
[PR]

by guntap | 2013-05-17 21:26 | 木彫 | Comments(0)

ダーラナホース(木)

こんばんは、GUNTAPです。

消し版友達華扇さんのブログで
ダーラナホース」というのを取り上げておられました。
スウェーデンの木彫り馬であり
幸せを呼ぶモノとして有名なんだそうです。

これ、実際木で彫るの面白そう。
と思った時にはもう木に馬の絵を描いておりました(笑)。


c0214078_22175348.jpg


c0214078_22232722.jpg

2012.09.21製作。高さ52mm×鼻先~尻45mm×幅20mm

だいぶコロンとした仕上がりです。


c0214078_2224970.jpg

ダダをこねるダーラナさん


c0214078_22253949.jpg

ふて寝するダーラナさん


c0214078_22254811.jpg

…なんか見つけた




* * *


そんな彼女と、相方さんのM’s Marketさんの合同展示即売会が
三重の雑貨屋・vanilleさんにて今日から開かれているようです。
お近くの方は是非。
[PR]

by guntap | 2012-10-01 22:45 | 木彫 | Comments(8)

川辺幻月

こんばんはGUNTAPです。

今回はだいぶ時間をかけてチマチマ作っていた
木彫作品のご紹介。
お地蔵さんの「川辺幻月(かわべげんげつ)」さんです。

c0214078_2247699.jpg

2012.04.11~2012.05.16製作。縦73mm×横35mm×奥行29mm。

元NCフライス盤のオペレーター。
技能検定は1級まで取得しましたが
自分の生き方に疑問を感じ、出家。

ってそれ山形時代の俺やん(出家はしてないけどw)。


後ろ
c0214078_22544882.jpg


お顔
c0214078_22552983.jpg


横顔(鼻高っ)
c0214078_2256249.jpg


後頭部w
c0214078_22562573.jpg


木球さん
c0214078_22565352.jpg


on HANDZ
c0214078_23105674.jpg


はじめ「ロボ地蔵」を目指しておりましたが
思った以上にロボ顔がキショく、目の修正したら
彫りの深いガイジン顔になってしまいましたorz
ま、ハーフってことで。
口の下に引いたロボっぽい線が
当初の目論見を悲しく物語っております。。。


c0214078_2391842.jpg

この木からお迎えいたしました。
おいでくださってありがとうございました。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑カテ違いさーせん
[PR]

by guntap | 2012-05-17 23:14 | 木彫 | Comments(4)

SPOONMAN ~ホビーショーへおいでよ~

c0214078_23423694.jpg

こんばんは。SPOONMANです。

今度の4月26日から28日までの三日間
東京ビッグサイトにてニッポン最大の手作りホビー祭り
第36回日本ホビーショー』が開かれます。


c0214078_2348129.jpg

例年通り、あの彫刻刀メーカー「道刃物工業」も出展。
今年は手作りスプーン体験を企画してます。
(顔は彫りませんよ)

また、道刃物商品をほぼ全て網羅してたり
研ぎの実演講習などもやってます。
めったにない機会なので是非来て下さいね。

c0214078_235195.jpg

ぼくも道刃物ブース、東1ホールの出口付近No.113(描くゾーン)で
みなさんを待ってます。
詳しくはこっち→ 

じゃ。
[PR]

by guntap | 2012-04-24 00:07 | 木彫 | Comments(6)

HANDZ

こんばんはGUNTAPです。

本日はチマチマ作っていた木彫刻です。
何の気なしに作り始めたものでいろいろ大変でしたー。


c0214078_2135817.jpg

2012.04.02より04.15までチマチマと。高さ24mm×幅46mm×奥行63mm


c0214078_21423798.jpg

お金ちょうだーいw

c0214078_21472225.jpg

裏面です。
こうしてみるとアダムスファミリーのアレのカップル版みたいな。


写真で撮ると照明とか写りとかでいろいろ誤魔化ますが…
正直アラだらけです(汗)。
凹面の加工は正面図、側面図にも描き表せないので
ひたすら彫ってくしかないんですね。
知らなかったw

これ、実は例のアレと「ツナガ」ります。


c0214078_2147755.jpg

with Brother(笑)


…ってあれ?
思ったよりツナガった感が感じられないorz
製作前に置いたとこをシミュレーションしてみた訳ではないので
うーーーむ、なかなか難しいにょにゃ~…

うん、でも楽しかったし、よし!




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑カテ違い失礼します。

あ、今回の製作についての感想を書きましたので
興味のある方はどうぞ。↓

よろしければ製作話
[PR]

by guntap | 2012-04-15 21:54 | 木彫 | Comments(2)

モアイ(木)

こんばんは、GUNTAPです。

今夜は以前からチマチマ作っていた木彫作品をお届けします。
立体なので写真多めです。


c0214078_2232770.jpg

2012.02.27~03.17製作。縦117mm×横45mm×奥行31mm。


c0214078_22392425.jpg

以前石で作ったことのある、モアイさんです。


c0214078_22372624.jpg

いろんな角度から。


c0214078_22375070.jpg

後頭部w


c0214078_2238736.jpg

うなじww


c0214078_22382389.jpg

以前作った、小さなとw


兄の時は写真をガン見しながら作りましたが
今回はその兄を見本に作りました。
おかげで頬こけすぎ&なで肩モアイになりました(笑)。
でも、思わぬアヒルグチが出来たから結果オーライw

顔よりも体の方が苦労したかもしれません。
面の仕上げもだし、細かくないので誤魔化し効かない…
馬場さん体型を目指しましたが、ガリガリ感が足りないな。



c0214078_22425022.jpg

作り始めの様子。
刀と切屑の間に兄が転がっているw
[PR]

by guntap | 2012-03-16 22:53 | 木彫 | Comments(0)

木球さん

こんばんは、マルチ彫り師のGUNTAPです。
今回は木。
ふと思い立って彫りたくなった形状がございまして。
それがこちらさんなんですが…



c0214078_23294248.jpg

2011.11.24あたりからチマチマと製作。直径31mm。


c0214078_23314169.jpg

今にも蹴っぽってしまうかのような。


もっきゅーさんです。使用材はヒノキ。
ヒノキ柔らかくていい匂いで、彫ってるとほんとリラクゼーション。
形状も言わば「無限」なので、いつまでも彫っていられます。
会社でお世話になってる仏師さんのもとに話のネタに持っていったら
「一刀一刀気持ちが入ってるのが感じられます」
と仰って頂き嬉すかったとですよー!


と、この球形になる前に作りたかったものがありまして…
ここから話が若干ややこしくなります。

c0214078_23351622.jpg

まず作ったのは言わずもがなの円柱。
円柱を買って来てそこから始めたのではないですよ。
ちゃんと角材から。
そして円の見本は七味のフタw

この立体は投影図で言うと一方向からのみ円に見える立体。


次。

c0214078_2338214.jpg

はいこの座布団てか巾着ってか柿みたいな。
これはさっき円に見えてた方向の真横から見ても円、
つまり二方向から見ると円の立体。
上から見ると正方形。

そして次だ。
次なんだ俺が生で見たかった立体は。

c0214078_2340186.jpg

はいこれ。
これは正面側面平面と三方向から見ても円の立体。
なのにこう見ると六角形。なんか不思議でしょうこれ。

あーまんぞく。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑カッテ違い、なんてなー
[PR]

by guntap | 2011-12-02 23:51 | 木彫 | Comments(6)

曲がり柄匙

こんばんは、消しゴムはんこ平民のGUNTAPです。

とか言いながら今日も木彫りネタです。
てかまたスプーン。

懇意にさせて頂いているある方に
「GUNTAPさんのさじは柄が真っ直ぐですね」と言われました。
ほんとだー、と思い今回は柄に動きを付けてみました。

これですドン!

c0214078_2150372.jpg

2011.11.19~20製作。縦99mm×横24mm。
今回はブナを使用。
後にハンズの人に「ブナは木彫で使うもんではない」
と言われるのも納得の硬さ!(泣)

c0214078_2151969.jpg

お約束の後頭部。やっぱりぽってり。
そしてお尻はとんがり。

c0214078_21514345.jpg

横っ面。流線型にこだわってみたえ。

こうすることで柄の目の流れが代わり
今までとはまた違った感覚の彫りが楽しめました。
やっぱ木彫りおもっしぇー!

でもこの曲がり柄より、真っ直ぐ柄の方が持ちやすさは上です。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑だからカテが。
[PR]

by guntap | 2011-11-21 21:55 | 木彫 | Comments(0)

魔の匙

こんばんはGUNTAPです。

木彫をやってて気づくのは
「木との対話が大事」ということです。
これは決して比喩ってわけではなく
木には「目」があり、その流れに従うことで
キレイな彫りが出来るのです。
木自体が「そうそう、そっちそっち。あーそっちちゃう。」と教えてくれるのです。

この対話をいい加減にしてやっていると

c0214078_22562390.jpg

アッーーーーーー!!
ごめん話聞いてなかったーーー!orz

てなことになるのです。
これは、粗彫りの時多く取りすぎた上
鑿の角度がまずかったのですね。
勉強になりますた。

さて今日はまた木のさじですが
今回は我があんこく魂がこないしてしまいました。


c0214078_2301612.jpg

2011.11.11製作。縦99mm×横10mm。


c0214078_2323777.jpg

今回はタガヤサンという材を使用。
以前持ち手で使ったヤツです。
材からしてあんこくオーラたっぷりです。

c0214078_2335469.jpg

後頭部。

c0214078_2341035.jpg

大きさはこんな感じ。
薬で使う的な。

横から見ると段差が出来てるのがわかります。
これは意図的に考えていたデザインではないのです。
この材、ご覧のとおり茶色と黒のマーブル状になっており
茶色い部分が柔らかかったのでそこをえぐってたら出来た模様。
気持ち悪いモノを作ろうとは思っていましたが
思てたよりキモさがアップして、製作者としてはニンマリです。

悪魔が使う、小匙。出来た。
ペンダントにしようか悩み中。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑カテ違うんでポチらなくていいです。
だったら置くなっていう。
[PR]

by guntap | 2011-11-13 23:17 | 木彫 | Comments(2)

こんばんはGUNTAPです。

今回は、今の会社に入って始まった趣味
木彫りの作品です。


c0214078_22123170.jpg

2011.10.27~2011.11.02製作。縦99mm×横24mm。

c0214078_22175326.jpg

浅丸スクイでつけた、ウロコ的彫り跡。

c0214078_2218998.jpg

後頭部w

c0214078_22191698.jpg

どや顔すなww


言わずもがな、木のさじです。

この形状は前から木で彫りたかったものです。
ふくらみの内と外で目が変わるので
彫ってて楽しい題材です。
暇さえあればさじ彫ってたいくらいです。

以下、ハウツーになってないハウツーです。

c0214078_222021100.jpg

まずはハンズで買ってきたカリン材を鋸で半分に切り
鉛筆で大体の輪郭を描きます。
大体やね。

c0214078_22213723.jpg

荒彫りも彫刻刀でええやろーとか思ってた自分が馬鹿でした。
やっぱ大きめのサイズ、もしくは鑿が欲しいところです。
二本目は会社から鑿のサンプルを借りてきてやりました。
えれぇ楽だった。
カリンはちょー硬ぇ上に繊維が太く欠けやすい。
しかし彫るだけでツヤがでて、いい匂いがしました。

c0214078_2223401.jpg

正面と側面を荒彫りしたら、あとは目に逆らわず彫り進みます。
オラオラです。

c0214078_22254710.jpg

後頭部も丸みを付けます。
キレイな丸みかどうかは、彫ってる本人が一番気になるところです。
どっかで強制的に終わりってしないと、いつまでもやってられます。

c0214078_22274394.jpg

この内側も楽しくてやみつきになる部分です。
浅丸スクイ本来の使い方です(笑)。
底の部分をいかにキレイにするか。
あっち側からとこっち側からの段差が気になるのです。
もう、仕上げはミクロン単位を攻めるよーな気持ちで彫るしかない。
あんまり下手ばっかこいてると穴空きます。

そして紙やすりは使わない。絶対に。


以上です。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑絶対にカテ違いですが、ご容赦下さい。
[PR]

by guntap | 2011-11-08 22:37 | 木彫 | Comments(4)