GUNTAP的持ち手製作方法

先日の芙宇莉ちゃんの記事のコメント欄にて
読者のエミコさまより木材カット方法のご質問を頂きました。
ウチの技術なんて大したことないんですが、お褒め頂きありがたいです。
そこで本日は誠に僭越ではございますが
「GUNTAPの 猫でも出来る木工カット術」をお送り致します。

今日はウチの工房を飛び出して
お友達の彩雲弦楽器工房さんにて撮影を行いました。
彩雲さんご協力ありがとうございました。


まずカットの使用道具です。
c0214078_22292034.jpg

左から、ノコギリ、バイス、マイターボックスです。

ノコは、目が細かい方がいいです。
荒いと切り口の後処理が大変ですんでね。
「味だ」という方もいらっしゃるかもしれませんが
ここらへんは好みだと思います。
あくまでも筆者個人の意見です。

でこの「マイターボックス」ってのが真っ直ぐに切るための必須アイテムです。
これに切ってある溝がノコを真っ直ぐにガイドしてくれるんですね。

マイターボックスに木材を置いてバイスで固定し切っている、の図。
c0214078_22403345.jpg

切り口の面きれいでしょ。仕上げなどなしにそのまま使えます。
c0214078_22443392.jpg




次に面取り。道具です。
c0214078_22484444.jpg

敢えて鉄用のヤスリと、スクレーパーという工具です。
木口にはヤスリ、木端にはスクレーパーを使用します。

スクレーパーの説明、購入はコチラで。
余談ですがこのリンク先はこの記事を書きながら見つけたもので筆者は今知りました。
他のとこからすごい高いの買っちゃってたよ。チクショーッ(泣)!

しかしこのスクレーパー、優れものです。
鋼板をカットしただけのもので、そのエッジにより木端を削るんですが
これが思った以上に削れます。
カンナより削れる量は少ないですが扱いがラクだし疲れないので
いつまでもやってられるんですよ。
あと、撫でるように感覚的に削れるというのもいいです。

ビフォー
c0214078_23102333.jpg


アフター
c0214078_23343152.jpg



木口にスクレーパーを使用するとどうしてもバリが立つので
ここはヤスリを使って面取りです。
と、思ったら彩雲さんが「こっちの方がラクですよ」と見せてくれたのがこれ。
c0214078_2311106.jpg

↑要するに平面の出た木材に両面テープでサンドペーパーを貼ったもの。

使ってみると、ンガッ!使いやすい!
ヤスリは線で削るわけですがこっちは面で削るので
安定性もよくバランスがとりやすい。
ヤスリ却下です。今日からウチでも採用です(笑)。
c0214078_23144767.jpg

↑写真は彩雲さんのハンドです。

ちょっと荒っぽいけどこんな感じに(削ったのは筆者)。
c0214078_23155170.jpg


で、出来ました。
c0214078_231778.jpg


持ち手を削る時は平らなとこに置いて作業するより
Vブロックに乗せてやるほうがラクだと思います。
これは筆者がゴムの立方体を切って作ったものです。
c0214078_23185613.jpg


ウチの木工技術はこんな感じですね。

木材は出来るだけ硬い材質の方が仕上がりがキレイです。
ウチはタガヤサンという木を主に使っています。
他にもふうりちゃんの時に使ったパープルハートや
右と左の時に使ったリオグランデバリサンダーなど硬いものばかりです。

もう一つ。
ウチではあまり持ち手は作らないので手ノコで充分ですが
量産されるプロの方は卓上丸ノコ、サンダーなどを使用されています。
劇的な作業効率の向上が期待出来ますが
値段が高い、うるさい、危なくて怖い、集塵対策大変などデメリットも多いです。
「プロ仕様の方法が知りたいんじゃい」という方は是非
はんこ屋さんのコチラのページをご参照下さい。

..................................................................................................................................

追記

肝心なことを忘れていました。
ノコギリは切れるものを使いましょう。
切れないものを無理に使うと線が曲がります。
マイターボックスの溝に食い込んでいきます。
あと無駄に疲れます(これ重要)。
いずれも筆者の体験談です。
刃だけ替えられるものを選ぶのがいいです。
ご紹介したものもその一つです。

切れないノコギリはダンボールに包んでガムテで固定し
「ノコギリ在中」と表記して危険物に捨てましょう。
(ていうか自治体の方法に従ってください(笑))


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
[PR]

by guntap | 2010-02-27 23:46 | 工程 | Comments(4)

メイキング オブ キャッツ・ポー

キャッツ・ポー、いろんなところで評判いいみたいですね。
製作者としましては至福の極みです。

今日はそんなポーのメイキングをご紹介致します。
あ、でも企業秘密的なとことかもあるので、
荒っぽく、ガーッとご紹介です。

まず元となる肉球の消しゴム版画を製作します。
で、その上から銀粘土を被せてぐうー押し付けます。

c0214078_0382715.jpg
c0214078_0384024.jpg


一晩乾燥させます。
銀粘土っていっても粘土状では細かく成形しません出来ません。
成形方法は、ほぼ削り出しです。

バサッ。
c0214078_041565.jpg


バサバサッ。
c0214078_0411759.jpg


「バサバサッ」で終わらせましたがここまでですげー時間使ってます(笑)。
図面なんか無いんで削りながらデザインしてるっていう感じです。
頭の中の完成形を目の前で成形していく、みたいな。
銀粘土細工の醍醐味です。

削り終わったら表面をつるんとします。やりかたは企業秘密で。
銀粘土やってる人には常識の方法かと思いますが。

正面
c0214078_0453789.jpg


背面。スタンダップ出来るように一面取り。
c0214078_0455480.jpg


立った立った。ポーが立った。
c0214078_046846.jpg



おっと。爪が隠れているあそこの部分の描写も忘れずに。
c0214078_0491639.jpg


発案者テラピィさんのロゴも勝手に作って刻み付けます。
c0214078_0504839.jpg


以上で造形完了。
これから焼きの作業ですが、焼くと硬度が増すため
今までのような削り出しが不可能となります。
これまでの内容でよろしいですか?

Y)はい   N)いいえ

当然Yを選んで、いざ焼成!

焼成はこちらの電気炉「スーパープチ」くんが担当致します。650℃で30分。
c0214078_056153.jpg


焼成中の破損も爆発もなく無事終了。
さっぱりして炉から出てきたポー。まっちろです。
c0214078_058445.jpg



磨き作業。まずワイヤブラシでシャカシャカ。
c0214078_10179.jpg


その後磨き棒で表面を潰すように磨き光沢を出します。
c0214078_113839.jpg

一連の流れで一番の力仕事です。
手を何度も攣りながら一気呵成に仕上げます(泣)。

オワタ\(^o^)/
c0214078_123979.jpg


銀粘土は焼成すると焼く前よりサイズが小さくなります。
最初に作った消し版もそれにあわせ外周をカットし、ドッキングです。
c0214078_143481.jpg




終わり。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
にほんブログ村
[PR]

by guntap | 2010-02-24 01:28 | 工程 | Comments(0)

グレート・ムタ (製作工程付き⑤→完成)

さ、さっさとこの連載終わらして次行きましょう。
書いてる方が飽きてきました(笑)。

ムタ版画の彫りは50分程で終わりました。
で試し捺しになります。


c0214078_1994188.jpg

たまにドカッと彫り忘れていることも。
SEED社の「ほるナビ」っていう消しゴムなら起きづらいミスですが
ヒノデワシ社の真っ白な「はんけしくん」ではよく起きます。
でも筆者は「はんけしくん」のが好きです。彫り心地が。


c0214078_1923993.jpg

気になる彫残しを修正して、完成です。



工程⑤-刷り


ウチの使用インクパッドは男らしくシャチハタの真っ黒です。
乾きやすいしいいですね。
といいつつも最近色版画にも挑戦中。コンデンサーとかね。
色が入ると楽しくなります。捺した後「わっ♪」という感動があります。
色が入っただけなのに。色には不思議な力がありますね。
グラデーションなんか出来たらいいですねー。
あと刷りに関してもう一つ。
出来た版画の背面に縦横同じくらいの木片、
つまり持ち手を付けると大変捺し易くなると言うのは
いまさらハンターの回にて言いましたっけね。
これも消しはんの世界では常套手段ですので、やってない方は是非お試し下さい。


そんなとこかなぁ。


「おいお前ここはどーやってんだオラ」って方いらっしゃいましたら是非ご質問下さいね。
あ。くれぐれもお手柔らかにお願い致しますね(笑)。


以上、GUNTAP流消しゴム版画の作り方でした。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑お願いしぁーす。
[PR]

by guntap | 2009-11-26 19:35 | 工程 | Comments(0)

グレート・ムタ (製作工程付き③→④)

どうもGUNTAPです。
連日お伝えしている消しゴムはんこの作り方ですが
画風とかコダワリとかは飽くまでも筆者独自のモノですので
あまり参考にしない方がいいと思います。
「こんなことやってんだこいつは」程度にお願いします。

と、エクスキューズも終えたところで次工程です。

工程③-トレース(写し描き)

トレースは原画にトレーシングペーパーを乗せてなぞる作業です。
この紙に写すと消しゴムにキレイに転写できるわけですね。
しかしただ写すのではなく、その線が結局は最終的な線になるので
一筆一筆丁寧に描いていきます。
原画とは違う線になるので表情が若干変わってしまいますが
ここが面白い点であり難しい点でもあります。
原画の方がよかったなぁと思ってみたりはたまた、
トレース画の方がかっこよくなったり。その日によります。



c0214078_19465693.jpg

使用するのは原画描いた時と同じシャーペンです。
ミスったら電動消しゴムで修正。消しカスはキレイに払っときます。


c0214078_19482459.jpg

写し終えました。そしたら消しゴムをウェッティで拭き、表面の粉を落として乾拭きし
描いた面を消しゴムに当てて爪で満遍なく擦ると…


c0214078_19483989.jpg

あドン。転写完了!


切り離して、あとは白い部分を除去するだけです。


工程④-彫り


こちらは早速、写真をご覧下さい。



c0214078_1955975.jpg

縁取りを入れるのがウチの特徴です。
ナンシー関先生からの流れです。「ナンシー流」ですね。
これはサシとマジックで行います。真っ直ぐになるように。

c0214078_1955356.jpg

使用工具は「OLFA アートナイフプロ」です。「アマ」じゃダメ。
まダメってことはありませんけども。
アマじゃ持つとこゴムじゃないので疲れると思われますよ。多分ね多分。
黒い線の淵を、斜め45度に切り込みを入れていきます。
黒線が上底の台形を作る感じ、っていうかな。
これは消しゴムはんこ師皆さんがやっている基本的なことです。強度の確保ですね。


c0214078_19555018.jpg

比較的広いところは彫刻刀の丸刀3mmで。
狭い部分は1.5mmのでやります(写真は1.5mm)。



ん、筆者は今までこの作業で怪我したことがありません。
これは自慢です、はい。
される方、刃物の取り扱いには充分に気をつけて下さいよ!

彫りは器用さと集中力の試される作業です。
前回述べた通り、絵師は彫り易さのことなど考えず
描画するので、彫り師はいつも苦労します。
でも最近はそれが当たり前になってきたので
多少の苦労がないとつまらなくなってきました(笑)。
そうじゃないと続けられませんものね。
やっぱり筆者は、こういうのが好きだってことです。



次回は刷りですが、単色刷りなのですぐ終わると思います。
では。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑220位だは。624サイト中。
 もーどーでもいーやー(笑)。
[PR]

by guntap | 2009-11-25 20:19 | 工程 | Comments(0)

グレート・ムタ (製作工程付き②)

さて、前回は題材探しまで終わりました。
本日はお絵描きについてです。

工程②-描画

浮世絵で言うところの「絵師」に当たる作業ですね。
「ウホッ、いい表情」っていうのを見つけたら絵にしていきます。
ここで、「わざわざ絵にする必要ある?プリントアウトしたらいいじゃん」
とお考えの方もいるかも知れません。

それでうまくいき、尚且つ満足出来るならどうぞそうなさい。

筆者は必ず描画します。なぜか。
正直筆者、面倒くせ、コピーでいったれ!って思ったのが過去に一回あります。
で、やりました。
モノクロコピーの写真にいきなりトレース紙を乗っけて写し描きですぁオラ。
しかし、①自分の絵じゃないので白黒ハッキリしておらず、
鉛筆がどこを走ったらいいかわからないんですね。
さらに、自分の描いた絵じゃない時点で②罪悪感と③不満足感がある。

①絵に直すことで彫る時の線をクッキリ、白黒ハッキリさせます。
線や色がボヤッとしてると、彫る時に大変困ります。
当然写し描きも素直に進みます。で、
②「自分の絵」だからこそ自身を持てるんですね。
筆者が嘘つきならそんな罪悪感は無いんでしょうけど(笑)。
③そして版画の成分である「絵」、「彫り」、「刷り」の中で
「絵」の占める割合はかなり高いということです。
そこを削っちゃうわけですから満足感もへったくれもありません。
歌でいうところの作詞作曲みたいなことですかね…ちょっと違うかな。

以上の理由で、描画は大変重要なのです!


それじゃお恥ずかしながら、実際の描画の様子を見てみましょう。



c0214078_204631.jpg

まずはテキトーに描いてみて~

c0214078_20462816.jpg

消したり描いたりの繰り返し~。
バランス悪けりゃ悪いとこを容赦なく消して描き直しです。
ここが絵師としての勝負どころなんじゃい(泣)!
決して悔いのないように。それが一番大事。

c0214078_21135438.jpg

なんやかんやで完成。
一時間ちょいかかりましたね。


以前は彫る時のことを考えてデフォルメしたり線を太くしたりしてました。
しかし今はクオリティー重視で彫り師のことなど考えず好き勝手に描いてます。
使用するシャーペンは0.3mmのものです。
よく筆者の版画が「はんこらしくない」とか「木版画みたい」と言われるのは
この線の細さから来る印象なんじゃないかなぁと自己分析しています。
消しゴムは普通のも使いますが、写真二枚目にあるような電動の物の方をよく使います。
紙が「バシャッ」となりませんし何より、細部を消すにも他を犠牲にしたりしますが
電動を使うとその問題は解消出来ます。目の絵から、瞳だけ消してしまるんですから!
電動音がうるさいので図書館では使用できませんが(笑)。
紙は絵のバランスをとりやすいので1mm方眼紙を使用しています。
とりやすいっていうか、もうこの紙じゃないとバランスとれないかも(笑)。



だーもう充分長いんで今日は終わりです。
次回は写し描きからですね。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑ごくろうさまでした。
[PR]

by guntap | 2009-11-24 21:23 | 工程 | Comments(0)