獣職 (ほりすすみ製法)

こんばんは、GUNTAPです。

今日は某所で「ほりすすみ版画」の講習会に
久しぶりに教わる側として参加してまいりました。

以前当ブログでもこのほりすすみ、取り上げましたが
アレはあくまで消しゴムはんこで再現したモノ。
今回はガチの木版に挑戦。

テーマは『ヒョウやチーターなどのネコ科動物が
 予想外のところにいるイメージ』とのこと。
学校の先生方に混じって受けてきたんですがみなさんには
下絵を宿題として事前に用意して頂いていた模様。
そんな宿題の存在など存じ上げなかった筆者は顔面蒼白になりながらも
iPhoneで画像検索しながらなんとかかんとか作って来ました。



c0214078_23422977.jpg

2013.07.25製作 たしかA2サイズだったかと

お寺の境内にヒョウ。
タイトルは『獣職』。

製作手順ですが以前のアレ(前述)でも書きましたが
まず下絵描いてトレペ写してトレペひっくり返して版木に置いて
裏から写し描きなぞって転写してマジックで線をしっかりにする

c0214078_23453758.jpg

この時点で、テーマに沿いすぎてヒョウを題材にしてしまったことに後悔。
みなさんフツーに猫描いててやってまったですねーでした。
や、トレペの時点で斑点省略しようか思たんですけど
それじゃテーマの『予想外』が成り立たないからな。
って真面目だなw

c0214078_2348999.jpg

そして、白くしたいところをまず彫る。

c0214078_2349756.jpg

そしたらまず、弱い色である黄色で摺る。
(すみません自分の一色目撮るの忘れてたw
 摺り最中の模様お借りしますw)

次に黄色く残したいところを彫る。
そしたら次に強い色、赤とか青とか茶で摺る。
で、茶まで摺ったのが冒頭の版画です。
ホントはもう一色行きたかったんですけど
なんせ斑点の彫りに手古摺りタイムオーバー。
まー結果オーライかと思います。

注意すべきは作品枚数が初めの黄色で摺った枚数で決まるので
予備も兼ねて多めに摺っておきましょう。
あと一回摺ったら彫り残しないかチェック怠らず。

楽しいぞ、お試しあれ!
[PR]

by guntap | 2013-07-26 00:01 | 木版画 | Comments(2)

Commented by へなちょ at 2013-07-26 00:08 x
めっさエエやん!(☆∀☆)
Commented by guntap at 2013-08-27 08:46
へなさん
すいません返事おっそー
へなさんも木版しようずw