般若心経

こんばんはGUNTAPです。

今年に入ってから仏像はんこを彫り始めた筆者ですが
その中で一つ、どうしても彫ってみたい題材がありました。
それが今回のタイトル「般若心経」。

しかし過去にも般若心経はんこを彫られた方はすでにおり
筆者も以前一文字ずつ彫って捺して完成させている方を見たことが。
また、仏像はんこ先輩nihhiさん曰く
一つの消しゴムで作っておられる方を確認したことがあるとのこと。
(サイズは不明)

どうせ彫るなら前代未聞のものを
というよりかは折角なので名刺の裏にでも捺せたら面白いかも
みたいな安直な考えから
「カードサイズで般若心経を彫る」
という案にたどり着きました。

妄想構想から約三週間。
出来ました。



c0214078_2253599.jpg

2012.11.02~21にて製作。縦55mm×横91mm。
お地蔵さんも加えて、ほのぼの感を演出(笑)。


c0214078_22553352.jpg

印面。
丁度アイフォーンより一回り小さいです。


こちらの製作過程を下記にまとめております。
興味ある方はどうぞ。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↓長いですから時間あるときで結構です。





1、構想

まず初めに考えたのは構図。
そして、「そんなことって実際可能なのか?」ということ。
ズラズラと字を並べていくのもいいですがそれだと単純に読みづらいので
以前から取得していたiPhoneのアプリ「般若心経」を参考にしました。
これを見ると、横に22行の縦最大文字数18(ぎゃーてーぎゃーてー)。
名刺サイズの縦55mmに対して最大のところが入ればおk。
計算してみると55÷18で約3mm。
横は91÷22で約4mm。
3mm角の文字で彫っていくと丁度1mmずつ隙間が空く計算です。
うわ、計ったようにバランスいんじゃないか…。

また、過去に「5mm角で鬱の文字はんこを彫る
ということに成功しているのでそれを元に
3mm角で般若心経の最大画数の漢字を彫れるか推測。
最大画数を誇るのは礙、薀、羅の三文字19画。鬱が29画。
5mm鬱はんこを彫る腕で19角の文字を彫るのに必要な一辺の長さをXとすると

Xmm角:19画=5mm角:29画
X=3.27

おや、計算上だと19画の漢字を彫るには
3.3mmのサイズが必要なようです…
が、そんなに頻繁に19画の漢字は出て来ませんし
他の字を小さくすることでフォロー出来るかな。

以上、うだうだ書きましたが結論は


「いける!!!w」


2、写経

理屈ではいけるwということに達したのであとは実践あるのみ。
早速写経に入ります。
4mmピッチの縦線を22本引き、3mm以内に収まるよう
ひたすら写経写経写経

c0214078_23215876.jpg

ほら、やっぱりバランスいいw


3、転経

「描けたら彫れる」という結論は11mmクラブで散々心得たので
トレース(これも写経というのか)しながら彫りやすい字に修正し(これ大事)
転写、いや転経です。

c0214078_23272726.jpg

身震いしたw

転経も転経で、二重になったりしたらおしまいなので慎重に。
焼きイカみたいにトレペがクルリンとなって地味に危ない思いを。


4、彫経

初め、上の写真の印刀で「刻み」を入れてましたが
どうも刃の切り込み角度が面に対して鋭くていかん。
ここで、心強い仲間が登場。

c0214078_23315431.jpg

印刀曲くん、別名レッドです。

ゴムハン刀6種の中でも地味な存在のレッド(赤いのに)。
これだと、普通の持ち方をしても先端が急角度で捉えてくれるので
細かい字の内側を正確に彫っていくことが出来る。
ただ細かいだけではなく、何せ今回は正確さが問われますからね。
c0214078_23342748.jpg

ピンポインツ!

自分で急角度にしようとすると疲れて正確に彫れなくなるので
字の入り組んだ部分はすべてこのレッドに仕事してもらいました。
鉛筆の線が消えてわけわかんなくなっちゃった!などという
マヌケなミスもなく首尾よく刻み終了。
刻みが終わったら「外し」。

c0214078_23443716.jpg

文字間に溝を彫って、余計なところを外していきます。
外しはいつもの印刀で(レッドさん乙)。
外しも首尾よく終了。
テキトーにさらえて完成。
印面きれいに、なんて気は今回全くなし。


yu*さんの希望にお答えしてアップ画像を乗っけておしまいにします。

c0214078_2264140.jpg


c0214078_2275528.jpg

終盤に、ラスボスにふさわしい「ぎゃーてーぎゃーてー」の行が鎮座されます。
「諦」っていう字が何度も襲ってきますが
もう意味など気にしないので精神的な影響などなし(笑)。

c0214078_2273474.jpg


c0214078_228209.jpg

「無」がすんごいいっぱいあるねー。
無の中のマスの大きさは0.3mmくらいです。


ごくろうさまでした。
[PR]

by guntap | 2012-11-22 23:49 | 消しゴム版画-ロゴ | Comments(16)

Commented by seven-dwarfs at 2012-11-23 00:27
すごいな!!!!!!!
緻密に計算するところが、GUNちゃんぽい(^_-)-☆
私だったら、行き当たりばったりだがら、バランスわれべな^_^;
いや・・その前に、これ彫ろうど思わね( 一一)
アッパレ!!
Commented by yu* at 2012-11-23 07:02 x
まってましたー!ていうかおした写真一枚だけ?もっと寄りで!なめるように!!拝見したいです~。実際に見るまでのおたのしみ的な感じでしょうか。
構想の段階で、あの計算を経て、「いける!」になるあたりがたまらんなーと思います。ゾクゾクしました(笑)
(ていうかはんこブログでこんな数式みるの、がんたぷさんとこくらいです)
そして印刀と印刀曲の性能を実証されてるあたりはアッパレ!

お地蔵さま追加するあたりはほんとMですよね(笑)いやはやありがたいもの拝見しました。ありがたや。
Commented by guntap at 2012-11-23 22:17
KUNさん
うん、手出さねほうがいいです(笑)。
この計算中が一番ワクワクしました。
Commented by guntap at 2012-11-23 22:18
yu*さん
ご希望にお答えして、アップの写真を追加しました。
お地蔵さんナシだと、なんか何かに必死みたいじゃないですか。
そのおかげか、終始落ち着いて彫れましたよ。
Commented by りほたろ at 2012-11-24 09:46 x
どわわわ~!人間業じゃないです!凄すぎます!
すでに悟りの境地??
ほんと、ありがたいものを拝見しました~!!
Commented by tomo at 2012-11-24 17:53 x
なまんだ~・・なまんだ~・・(南無阿弥陀仏)

無・・多いですね、ほんと。
やり遂げる精神力に感動です。
すばらしいです。やってくれてます。
Commented by hudezi-ya at 2012-11-25 17:13
初めまして
すばらしいですね~~~感動しました
それから、、どうつかっていいかわからなかったレッドくんの使い方がわかってありがたいです。
これからも楽しみに拝見させていただきます。
Commented by mayu at 2012-11-30 00:19 x
すごーーい!制作過程にみいってしまった。
そろそろ、何か仙人とかになれそう。
Commented by ももぞ☆ at 2012-12-02 00:18 x
おひさしゅう~☆
昨日栃木に来たんだってね~。
コレ見せてもらって感動したって言ってたよ♪
他のはんこの宣伝もしときましたww
週末に実演?に来ることがあったらぜひぜひ教えてね!

私には無理だなぁ。。。文字はんこ、大きくても心折れるのに。。。
Commented by アズキ at 2013-01-04 18:35 x
あけましておめでとう~~
って新年のご挨拶に来たらブログが11月で・・・(;^ω^)
今年もよろしくね
Commented by guntap at 2013-01-07 23:51
りほたろさん

時間かければ出来ますよたぶん!
あとはいい道具と(笑)。
Commented by guntap at 2013-01-07 23:53
tomoさん

一日一日、休み休みやってれば出来ますたぶん!
山あり谷ありで楽しかったです。
Commented by guntap at 2013-01-07 23:56
hudezi-yaさん

初めまして、ようこそおいで下さいました。
そして返事が遅すぎてすみません。
hudezi-yaさんの書かれる文字、美しいですね。
うらやましく思います。
もうちょっとおっきくていいので是非般若心経はんこを(笑)。
Commented by guntap at 2013-01-07 23:57
mayuさん

仙人だなんて。
まだまだ小坊主ですよ。
mayuさんこんなん作るのお好きでしょうに。
Commented by guntap at 2013-01-07 23:58
ももぞさん

ホントニアミスでしたね。
バッティングしたら思わぬサプライズだったのに、惜しい(笑)。
たぶんまた宇都宮参りますのでその時はよろしくです。
Commented by guntap at 2013-01-07 23:59
あずきさん

おめでとうございました、すみません。
今年もよろしくお願いいたします。