松本人志 (ガキの使い祭①)

今日からガキの使い祭と題しまして
ガキメンバーの版画をお見せしていきます。
祭りって言ってもいつも通りとほぼ変わらないです。
筆者の気分の問題ということです(笑)。

一発目は早速、座長の松本人志さんです。

c0214078_19215919.jpg

2009.02.22製作。縦50mm×横45mm。


c0214078_19235963.jpg

坊主頭は彫り師にとっては地獄でした(笑)。


白黒の版画で、グレーゾーンはどう処理するべきか悩むところです。
点々かハッチングか、今回のようなメッシュか。
今のところ選択肢はそんなもんです。
点々とハッチングは髪が薄過ぎて見えてしまうので、メッシュを選択しました。

彫ってて、「だれやーこんな絵描いたん(泣)!」と、思わず叫びたくなりました。
ま、描く方も描く方で線がはっきりするように神経使うんですけどもね。
それは写し師(転写紙に写す人(すべて筆者))も一緒です。
少しでも線がぼやけたら、頭だけ全てやり直し。
彫り師がどこを彫ったらいいかわからなくなってしまうので。

しかし、絵師も絵師で大変だったんです。
松本さんの鬼気迫る表情は、目周辺のどこかの線が
一本違っただけでもダメになってしまいます。
筆者もおんなじような形相しながら紙とTV画面と向き合って描きました(笑)。
お蔭様で我ながらいい表情が描けたましたし、作業の濃密と相まって
出来上がったときの満足感はヒトシオでした。
渾身の一作というヤツでございます。
オソマツ!


次回は相方の浜田さんといきましょう。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑押してくれたら、嬉しいです。
[PR]

by GUNTAP | 2009-10-30 19:40 | 消しゴム版画-お笑い | Comments(0)